どうすることもできへんことは手放して楽になったらええねん

自分の力ではどうすることもできへんことなのに、
それを何とかしようとあがいたところで疲れるだけやで。

例えば、川の流れをなんとか逆にしようとして、
川の中に入って両手を前に出して気合いを入れ、
「川の流れよ逆になーれ!ハッ!ハッ!」とか、
そんなことやったところで何も変わらん(笑)

自分が「こうしたい」とか、「こうなってほしい」とか、
そう願ったり、祈ったり、行動したりすることはええんやけど、
それでも「どうすることもできへんこと」には、
どんなに悲しくても、どんなに悔しくても、
いつまでもしがみついてるんやなくて手放すことや。

自分の力ではどうすることもできへんことは、
「認めて、受け入れて、諦めて、手放す」
そうすることによって自分が楽になるで。

誰でも自分の人生を振り返ってみれば、
小さいことも大きいことも含めてやけど、
自分の力ではどうすることもできへんかったことなんか、
そんなもん今まで腐るほどあったはずや。

その時は「なんでやねん!」て嘆いて抵抗したやろうけども、
そこからどうやって立ち直って前に進むことができたのかいうたら、
最終的には認めて、受け入れて、諦めて、手放したからや。

いつまでも執着して力込めて「ギュッ!」て握りしめたままおっても、
手が痛くて苦しいだけでいつまでも楽になることはできへん。
もうそろそろ、力いっぱい握り続けてきたその手を静かに開いて、
その中にある執着を浄化させてやってもええんとちゃいますか?
それは勇気が必要なことかもしれへんけども、
そしたら、気持ちが軽くなってまた少しずつ前に進めるようになるで。

dunmsumhumuynfggyngynss.jpg




今回のポイント

【認めて、受け入れて、諦めて、手放す】





このブログランキングをポチッ!と押したらええことあるで~(笑)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ





このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

変化を受け入れることができへん人は腐るで

この世界に変わらへんモノは何1つないねん。
人間も他の動植物たちも全ては少しずつ変わっていくねん。
いつまでもずっと同じ状態のまま生きてる命はありえへん。
まず、私らは「必ず変わっていく」いうことを受け入れることが重要や。

例えば、鶏の卵はいつまでも卵のままではいられへん。
いつかは卵の殻を破ってヒヨコになって、
いつかは頭にトサカが生えてきて成長して鶏に変化すんねん。

それなのに、変わるのが嫌や言うてずっと卵のままおったらどうなる?
そんな卵はそのまま腐ってまうで。

人間も同じや。
変化を受け入れることができへん人は腐ってまうねん。

体の変化も、環境の変化も、生活の変化も、考え方の変化も、時代の変化も、
生きていれば徐々にいろんなことが変わっていくねん。

小さい子供が成長して青年に変化していくのは楽しいとしても、
青年がどんどん歳を重ねて年寄りに変化していくのは残念かもしれへん。
せやけど、それを「悲しい」、「辛い」て文句ばかり言うてもしゃあないやん。
別に自分だけが年寄りに変わるわけちゃうやん。
みんなそうなんや。自分だけちゃねん。

せやから、誰もが「自分は必ず変わっていく」いうこと、
私らはそのことに腹をくくって前向きに受け入れるしかないし、
また、それは新しい経験を積むチャンスでもあるんやで。

もうすぐ、今年もまた終わりに近づいて、
あっという間にまた1年が過ぎていこうとしてるわ。
そしたら、私もまた1つ歳を重ねて、
私も「高齢者」いう立場にまた少し足を突っ込むことになるわ(笑)
せやけど、それを嘆いてもしゃあないやん!
生きていればいろんなことが変わっていくもんやけど、
それが自然な変化なんやったら素直に受け入れて笑えることが素敵やん?
ま、それでもできるだけ若作りはするけどな(笑)

dffsdsfdhshjghghggddddss.jpg




今回のポイント

【自分の変化を受け入れる】





このブログランキングをポチッ!と押したらええことあるで~(笑)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ





このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

人生なんてあっという間やで~

今までの自分の人生を振り返ってみると、
「あっという間やったな~」て思わへん?

せやねん。人生なんてもんはあっという間やねん。
人生の時間は光のようなスピードであっという間に過ぎてくねん。

たまにはボーッとする時間も必要やけども、
基本的にはその日1日を全力で生きることや。
その繰り返しが人生っちゅうもんになっていくんや。

今は人生が長く感じられるかもしれへんとしても、
過ぎてしまえば、あっという間やった思うはずやで。

気付けば、今日という1日もあっという間に過ぎて、
気付けば、1年の時間もあっという間に過ぎて、
気付けば、何十年もの歳月もあっという間に過ぎて、
気付けば、小さかった子供もあっという間に大きくなって、
気付けば、仕事の定年退職もあっという間に迎えて、
気付けば、あっという間に人生の終わりを迎えるで。
そんで、その時こう思うねん。

「人生、あっという間やったな~」てな。

人生なんてもんはあっという間やからこそ、
今大事にしたい物、今大事にしたいこと、今大事にしたい人、
そんな今自分にとって大事や思うもんを守ると同時に感謝しながら、
今日という1日を無駄にすることなく毎日を大切にしていこうやないか。

xebyebxyenxynnuimsiomdxoasihda.jpg




今回のポイント

【今日という1日を大切に全力で生きる】





このブログランキングをポチッ!と押したらええことあるで~(笑)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ





このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

自分の将来、世界の未来、どうなるか?

自分の将来の心配や不安ばかりずっと考えてたら気が滅入ってまうで。
最悪の場合、心が病んで精神的におかしくなってまうこともあるで。

自分の将来が心配で不安になってまう気持ちはよう分かるけども、
どんなに未来のことを毎日ずっと考えてたところで、
「たぶん、未来はこうなるんちゃうかな?」て、
それくらいの想像レベルでの答えしか出すことはできへん。
いくら未来のことを考えても確実な答えを出すことはできへんのや。

ぶっちゃけ、

未来のことなんか
未来になってみな分からへん!


ま、確かに自分の将来のことをいろいろ考えて、
そのために今からあれこれ準備しておくことも必要やけども、
今の時点で準備できることをやったんやったら、
あとはもう将来の心配や不安を手放して酒でも飲んだらええねん。

例えば、近い将来に必ず日本に大きな地震が起きる言われてるけども、
実際に近い将来に大きな地震が来るかどうかは分からへんし、
もし、ホンマに大きな地震が来たとしてもいつ来るかのか分からへん。
それなのに、地震が怖い言うて毎日ブルブル怯えて家に閉じこもってたら、
頭おかしなって地震が来る前に死んでまうで(笑)
地震が心配で不安なら今できる準備はしておけばええ。
そしたら、あとはもう神様にお任せでええねん。

未来のことを決めるのは人間の仕事ちゃうねん。
どんな未来が来るのか決めるのは神様の仕事やねん。
実際にどんな未来になるのかは全て神様にお任せや。

それに、いくら人間の頭で未来を予想したところでたかが知れてるで。
例えば今から10年前、
子供が憧れる職業の1位がユーチューバーて誰が予想できた?
例えば今から10年前、
元スペイン代表のイニエスタがJリーグに来るて誰が予想できた?
例えば今から10年前、
元モー娘のメンバーが飲酒して車で轢き逃げするて誰が予想できた?(笑)
もし、これらのことを10年前にズバッ!と予想した人がおったら出てこいや。

そんな感じで、今も10年後の未来なんて誰にも分からへんのや。
「今のまま進めばきっとこうなるやろな」くらいの予想しかできへんねん。
せやけど、この世界はその予想を超える現実を今までいくつも出してきよる。
もしかしたら、10年後には地球に宇宙人が来て「コンニチハ!」してたりな(笑)

ggshsgdjshdjshsdjshshss.jpg




今回のポイント

【未来の心配や不安を考えすぎない】





このブログランキングをポチッ!と押したらええことあるで~(笑)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ





このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

逃げるのはアカンこと?

一般的に「逃げる」いうのはマイナスのイメージがあるわな。

「逃げる」=「ダサい」
「逃げる」=「弱い」
「逃げる」=「根性がない」
「逃げる」=「恥ずかしい」
「逃げる」=「自分に負ける」

そんな感じで「逃げること」はあんまり良しとはされへんから、
「逃げずに頑張ること」だったり、「逃げずに立ち向かうこと」だったり、
何でも「逃げへん」ことが一般的に「偉い」言われてるわな。

私もこのブログでよく「逃げたらアカン!」て書いてるし、
逃げへんことで自分に自信がついたり、成長できたり、
逃げへんことで自分の人生を前に進ませていく重要性を書いてるわ。

せやけど、全力でがんばって、やるだけのことをやって、
それでも自分の力ではもうどうにもならへん限界の時、
つまり、最後の最後、最終的には逃げてもええ思うねん。

「逃げたら負けや!」て自分に言い聞かせてがんばっても、
その結果、体を壊したり、精神的に病んでしまったり、
または自殺するほど追い込まれたりしたら意味無いで。
そうなるくらいなら、さっさと逃げたらええ思うねん。

ブラック企業で無茶苦茶な雇用契約でボロ雑巾のように働かされても、
「ここで辞めたらアカン!」てがんばった結果、過労死。

学校でイジメられて毎日シャレにならへんくらい心と体を傷つけられても、
「登校拒否したら親が悲しむ!」てがんばった結果、自殺。

毎晩のように酒飲んで暴れる夫に暴力を振るわれながらも、
「子供の生活のためにも我慢!」てがんばった結果、体中アザだらけ。

もちろん、逃げずに頑張ることも必要なことやけど、
逃げなかったために自分自身が潰れてしまうくらいなら、
恥ずかしくても、笑われても、弱いと思われても、
そんな最悪の事態になる前にさっさと逃げたらええやん!
何事にも逃げへん強さや勇気もあるけど、
「あえて、逃げる、引き下がる」そういう強さや勇気もあるんちゃう?

ちなみに、私はブログで偉そうなことばかり言うてるもんやから、
「何事にも絶対に逃げへん人」いうイメージを持たれてるかもしれへんけど、
ぶっちゃけ、私だって今までの人生の中で何回か逃げたこともあるで(笑)
っちゅうか、人生で一度も逃げたことのない人なんかおるん?
何でも逃げずに最後まで頑張るのもええけど、人生は逃げてもええ時もあるで。

「これは絶対に逃げたらアカンことなのか?」
「これは自分のために逃げた方がええことなのか?」

そういうことを考えて賢明な判断をすることが必要やで。

gbnuimhizsgdghghghgdhgsgsss.jpg




今回のポイント

【人生逃げることが必要な時もある】





このブログランキングをポチッ!と押したらええことあるで~(笑)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ





このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

スピリチュアルに生きてたら見えてくるもの

どんな悪夢でも、どんな素晴らしい夢でも、
目が覚めてしまえばシャボン玉のようにパチン!て消えてまうねん。

その夢がどんな夢だったとしても、
目が覚めてしまえば実際には何も起きてへんかったことに気付くねん。

しばらくはその夢の余韻が残ってるとしても、
そのうち忘れて「あれ?何やったっけ?」て思うねん。

そんで、もしかしたら、この人生いうものも、
ひょっとしたら夢なんちゃうかないうのがスピリチュアルな考えや。

「アホか!人生めっちゃリアルに感じるで!夢なわけあるか!」て、
そう思う人が大勢おるのも当然のことやけどもな、
夢っちゅうのは目が覚めるまではそれが夢やとは気付けへんねん。
夢を見てる間はそれがリアルやと感じて疑わへんねん。

せやけど、その夢の中で、
「あれ?もしかして、これって夢なんちゃう?」て、
そのことに気付くことができるのがスピリチュアルやねん。

今までコインの表だけしか見てなかったことが、
コインの裏も見る視点を持つことができるのがスピリチュアルやねん。

ま、ぶっちゃけ、それができたから偉いいうわけでもないし、
スピリチュアルに生きれば必ず幸せになれるいう保証もないけどな(笑)

逆に、スピリチュアルに生きてるために、
見なくてもええこと、考えなくてもええことで苦しなることもあるしな(笑)

むしろ、スピリチュアルなんかに全然興味ない人の方が、
難しいことをゴチャゴチャ考えず人生を楽しめることもあるで(笑)

ま、一番大事なことは、
この人生が夢だろうと、リアルだろうと、何だろうと、
今の自分のこの人生を楽しむことができればそれでええねん。

bwyybxybybybyyzwzwbzbzsss.jpg




今回のポイント

【人生という夢の中を楽しむ】





このブログランキングをポチッ!と押したらええことあるで~(笑)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ





このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

恥ずかしさに負けたらアカン!

人生でやりたいと思ってるんやけども、
いろんな理由からできへんこともあるわな。

「やりたいんやけど、力が足りへん」
「やりたいんやけど、金が無い」
「やりたいんやけど、タイミングが合わへん」
「やりたいんやけど、まだ自信がない」
「やりたいんやけど、協力してくれる人がおらん」
「やりたいんやけど、大きなリスクがある」
「やりたいんやけど、恥ずかしい」

そんなふうに「やりたいけど、できへん」こともあるわ。
やりたくても、すぐにできへんことは人生いっぱいあるわ。

ん?ちょっと待てよ?
最後の「やりたいんやけど、恥ずかしい」これ。
これだけは自分次第で今すぐできるんちゃう?
やりたいんやけど、恥ずかしい?何それ?
知らんがな!

「恥ずかしい」て思うのは、
人に笑われたり、バカにされたり、恥をかきたないいうことで、
要するに、傷つきたくないから「自分を守ってる」わけや。

別にええやん。恥かいたって。
何も悪いことしたわけやないし、
人に迷惑をかけたわけでもないし、
恥かいても死ぬわけでもないしな。
どんなに恥をかいたところでぜいぜい顔が真っ赤になるくらいやで(笑)

恥ずかしい気持ちがあっても、それをやりたいんやろ?
だったら、それを思い切ってやったらええやん。
人間なんてもんはみんな恥をかきながら成長していくもんやで!
人生1回きりなんやから「恥ずかしい」くらいで諦めたらアカン!

bxnsnusbxyxvsxbsxysxs.jpg




今回のポイント

【やりたいことを恥ずかしさで諦めない】





このブログランキングをポチッ!と押したらええことあるで~(笑)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ





このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

諦めたらそこで試合終了やで

「どうせ、自分の実力はこんなもんや・・・」

そうやって自分自身で限界を設定してもうたら、
もうそこから上に行くことはできへんようになってまうで。

ホンマにそこが自分の限界なのか?
ホンマはもう少し上に行けるだけの力があるのか?

それを知るためには自分で勝手に限界を作らへんことや。
やれるとこまで、できるとこまで、全てを出し切るまで、
徹底的に行けるとこまで行ってみないと分からへん。
ホンマは力が眠ってるのにそれを知らずに諦めたらもったいないで。

例えば、サッカー元日本代表の本田圭佑は、
昔、ガンバ大阪ジュニアユースからガンバ大阪ユースに上がれなかったんやけど、
もし、そこで「自分の実力はこんなもんや。もう無理や」て思ったとしたら、
今の有名な本田圭佑は存在せえへんかったわけや。
そこで諦めてたら今頃は普通のサラリーマンになってたかもしれへん。
そこで諦めずに大阪から石川県の高校に1人で行ってめっちゃ努力して、
挫折を乗り越えてきたからこそ今の有名な本田圭佑がおんねん。

スポーツでも、仕事でも、試験でも、恋愛でも、何でもそうや。
自分自身に限界を作ったらもうその上には行かれへん。
壁にぶち当たったらその壁を乗り越えることで新しい世界、
新しい自分に出逢えることができるんやで。

ま、でもこれは綺麗事に聞こえるかもしれへん。
「みんながみんな本田みたいにはなれへんわ!」とか、
そういう声も聞こえてきそうな気がするけども、
それでも、あえて言うわ。

自分で自分に限界を作ったらそこで終わりやでぇ!

それだけは心の片隅にでも覚えておいて損はないはずやで。

cdygudnuinsduiduimumdd.jpg




今回のポイント

【自分に限界を作らない】





このブログランキングをポチッ!と押したらええことあるで~(笑)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ





このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

人間はどんなことにも慣れてまうねん

人間はどんな喜びでも、どんな悲しみでも、
それがある程度継続すれば徐々に慣れてまうねん。

最初は悲しみのどん底やと感じていたとしても、
それがある程度継続すればそれに慣れてしまって、
その悲しみが普通に感じてまうねん。

そんで、そんな生活に慣れてしまえば、
それが日常になってそこから抜け出そうとする気も薄れてまうねん。

世の中にもたまにおるやん。
毎日のように夫に暴力を振るわれながらも離婚せえへん人とか、
家の中が物で溢れかえってゴミ屋敷みたいになってる人とか、
周りからは「何で離婚せえへんの?何で片付けへんの?」思って、
周りの人は「何でなん?」て理解できへんやろうけども、
本人にしてみたら、それはもう「慣れ」てしまっていて、
そういう生活が普通で当たり前になってもうてるんや。
そのことに気付かへんとなかなかその生活から抜けることは難しいやろな。

「慣れ」、「習慣」いうものはマイナスの方に向かうと怖いで。
あんたも自分でも少し考えてみたらええわ。
もしかしたら、自分も知らないうちによく考えたらおかしなことが、
いつの間にか普通で当たり前になってることがあるかもしれへんで。

ちなみに、私は毎日酒をグビグビ飲んでるんやけど、
それはよく考えたら体に悪いしおかしなことなんや。
せやけど、もう私はその生活に慣れてしまっていて、
私にとってはそれが「普通」で「当たり前」になってたんや。
そのことに気付いて今はしばらく禁酒してんねん(笑)

xfdgcyfdnxuimioiossxsxxss.jpg




今回のポイント

【マイナスのことに慣れてはいけない】





このブログランキングをポチッ!と押したらええことあるで~(笑)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ





このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

スピババさんのつぶやき その28

「自分」と「その自分を自分だと思ってる自分」て、たぶんちゃうで。
何ていうか、自分を別の場所から見てるもう1人の自分がいてんねん。
例えば、自分が腹立ってめっちゃ怒ってる時、
ちょっと別の場所で「あー、今自分めっちゃ怒ってるわ~」て、
怒ってる自分を何か冷静に見てるもう1人の自分がいる感覚てない?
ん?ない?そうか、そんならしゃーないわ(笑)



占いっちゅのは「あんたの未来はこうなるで!」とか、
「あんたの今日のラッキーアイテムはこれやで!」とか、
そんなことを偉そうに抜かしとるけども、
みんな偉そうに好き放題に言うてるだけで、
その占いが外れても誰も責任取らへんやん。
なにそれ?言うだけ言うといて責任は取らへんのかいな。
「自分の占い外れました。すんませんでした!」とか、
そう言って頭を下げてる占い師見たことある?ないやろ?
そんな適当でええなら、私でも占いできるっちゅうねんボケ。



ほとんどの人は「神様」っちゅうのは、
自分にはない超絶的な力を持った大いなる存在や思ってんねん。
そんで、自分も悟ればそんな存在に少しは近づくことができる思ってんねん。
ふむふむ。分かるで。そう思いたい気持ちもよう分かるで。
でもな、ホンマは自分もその大いなる「神様」の一部なんやで。
自分は神様の一部っちゅうことは、ぶっちゃけ、自分も神様やねん。
言うてること分かる?もし、海が神様だとしたら、
その海の一滴の雫も「神様と同じ」っちゅうことやねん。そゆこと。



裁判では法律に基づいて人が人を裁いてるわな。
まぁ、この社会ではそれは当然のことであるし、
別に否定するものではない思うんやけどな、
ホンマは人を裁くのは人の役目やなくて、
人を裁くのは神の役目なのかもしれへん思うねん。



何かを心配してるのが苦しいんやったら、
自分が心配することを止めればええだけの話や。
心配すれば結果が変わるなら心配すればええけど、
心配しても自分の力ではどうすることもできへんのなら、
心配なんかしても意味無いやん。
何が起きるのかは全て神様にお任せや(笑)



お盆には死者の魂が帰ってくるて言われてるけどな、
ホンマはそれが真実であろうと嘘であろうと、
生きてる人間が亡くなった人間のことを思い出すこと。
普段は別々に暮らしてる兄弟や親戚が集まること。
そのことにお盆の意味がある思うねん。



嫌なことや不安なことは腹をくくれば苦しみは薄くなる。
そんで、腹をくくれば大抵のことは何とかなるもんやで。
これ、人生を楽に生きる秘訣や。



未来のことをいくら考えても分かるわけないねん。
未来のことをいくら心配しててもその時になってみな分からへんで。
1年後のことは1年後の自分が何とかすればええ。
3年後の自分は3年後の自分が何とかすればええ。
せやから、今の自分は今できることに集中すればええねん。
未来を心配してるヒマあったら今できることを全力でやれや。



ダイエットの基本は「食べ過ぎない」いうことや。
そのためには頭やなくて体の声に従うことや。
頭では「あれも美味そうやな~」、「これも食べたいな~」思っても、
体が「もう腹いっぱいやで~」いうサインを出してるんやったら食べん。
常に頭やなくて体の声に従うようにしたら食べ過ぎを防ぐことができるで。



たまには手を抜いたらええねん。
たまには夕食が全部冷凍食品でもええねん。
たまには洗濯物を何日か放置して溜めてもええねん。
たまには1日何もせずテレビ見ながらゴロゴロしてもええねん。
365日ずっと何事もしっかりせなあかんわけやない。
たまには手を抜いてホッとすることも必要やで。
あんまりマジメ過ぎてたらストレスで頭パーン!なるで(笑)



このブログランキングをポチッ!と押したらええことあるで~(笑)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ





このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

スポンサーリンク

プロフィール

スピババ

Author:スピババ
私があの有名なスピリチュアルメッセンジャーのスピババやで。(どこで有名やねん!)このブログでスピリチュアル世界のこと、人生の考え方、生き方など、毎日を明るく楽しく生きていく方法をいろいろ教えたるわ。人生なんてもんは生きてたら誰でもいろいろあるけどあんまり難しく考え込まず気楽にいきまっしょい!

ツイッター (アカウント停止中)

人気ブログランキング参加中!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
120位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
38位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

QRコード

QR

カウンター

全記事表示リンク

最新記事


スポンサーリンク