人間はどんなことにも慣れてまうねん

人間はどんな喜びでも、どんな悲しみでも、
それがある程度継続すれば徐々に慣れてまうねん。

最初は悲しみのどん底やと感じていたとしても、
それがある程度継続すればそれに慣れてしまって、
その悲しみが普通に感じてまうねん。

そんで、そんな生活に慣れてしまえば、
それが日常になってそこから抜け出そうとする気も薄れてまうねん。

世の中にもたまにおるやん。
毎日のように夫に暴力を振るわれながらも離婚せえへん人とか、
家の中が物で溢れかえってゴミ屋敷みたいになってる人とか、
周りからは「何で離婚せえへんの?何で片付けへんの?」思って、
周りの人は「何でなん?」て理解できへんやろうけども、
本人にしてみたら、それはもう「慣れ」てしまっていて、
そういう生活が普通で当たり前になってもうてるんや。
そのことに気付かへんとなかなかその生活から抜けることは難しいやろな。

「慣れ」、「習慣」いうものはマイナスの方に向かうと怖いで。
あんたも自分でも少し考えてみたらええわ。
もしかしたら、自分も知らないうちによく考えたらおかしなことが、
いつの間にか普通で当たり前になってることがあるかもしれへんで。

ちなみに、私は毎日酒をグビグビ飲んでるんやけど、
それはよく考えたら体に悪いしおかしなことなんや。
せやけど、もう私はその生活に慣れてしまっていて、
私にとってはそれが「普通」で「当たり前」になってたんや。
そのことに気付いて今はしばらく禁酒してんねん(笑)

xfdgcyfdnxuimioiossxsxxss.jpg




今回のポイント

【マイナスのことに慣れてはいけない】





このブログランキングをポチッ!と押したらええことあるで~(笑)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ





このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

スピババさんのつぶやき その28

「自分」と「その自分を自分だと思ってる自分」て、たぶんちゃうで。
何ていうか、自分を別の場所から見てるもう1人の自分がいてんねん。
例えば、自分が腹立ってめっちゃ怒ってる時、
ちょっと別の場所で「あー、今自分めっちゃ怒ってるわ~」て、
怒ってる自分を何か冷静に見てるもう1人の自分がいる感覚てない?
ん?ない?そうか、そんならしゃーないわ(笑)



占いっちゅのは「あんたの未来はこうなるで!」とか、
「あんたの今日のラッキーアイテムはこれやで!」とか、
そんなことを偉そうに抜かしとるけども、
みんな偉そうに好き放題に言うてるだけで、
その占いが外れても誰も責任取らへんやん。
なにそれ?言うだけ言うといて責任は取らへんのかいな。
「自分の占い外れました。すんませんでした!」とか、
そう言って頭を下げてる占い師見たことある?ないやろ?
そんな適当でええなら、私でも占いできるっちゅうねんボケ。



ほとんどの人は「神様」っちゅうのは、
自分にはない超絶的な力を持った大いなる存在や思ってんねん。
そんで、自分も悟ればそんな存在に少しは近づくことができる思ってんねん。
ふむふむ。分かるで。そう思いたい気持ちもよう分かるで。
でもな、ホンマは自分もその大いなる「神様」の一部なんやで。
自分は神様の一部っちゅうことは、ぶっちゃけ、自分も神様やねん。
言うてること分かる?もし、海が神様だとしたら、
その海の一滴の雫も「神様と同じ」っちゅうことやねん。そゆこと。



裁判では法律に基づいて人が人を裁いてるわな。
まぁ、この社会ではそれは当然のことであるし、
別に否定するものではない思うんやけどな、
ホンマは人を裁くのは人の役目やなくて、
人を裁くのは神の役目なのかもしれへん思うねん。



何かを心配してるのが苦しいんやったら、
自分が心配することを止めればええだけの話や。
心配すれば結果が変わるなら心配すればええけど、
心配しても自分の力ではどうすることもできへんのなら、
心配なんかしても意味無いやん。
何が起きるのかは全て神様にお任せや(笑)



お盆には死者の魂が帰ってくるて言われてるけどな、
ホンマはそれが真実であろうと嘘であろうと、
生きてる人間が亡くなった人間のことを思い出すこと。
普段は別々に暮らしてる兄弟や親戚が集まること。
そのことにお盆の意味がある思うねん。



嫌なことや不安なことは腹をくくれば苦しみは薄くなる。
そんで、腹をくくれば大抵のことは何とかなるもんやで。
これ、人生を楽に生きる秘訣や。



未来のことをいくら考えても分かるわけないねん。
未来のことをいくら心配しててもその時になってみな分からへんで。
1年後のことは1年後の自分が何とかすればええ。
3年後の自分は3年後の自分が何とかすればええ。
せやから、今の自分は今できることに集中すればええねん。
未来を心配してるヒマあったら今できることを全力でやれや。



ダイエットの基本は「食べ過ぎない」いうことや。
そのためには頭やなくて体の声に従うことや。
頭では「あれも美味そうやな~」、「これも食べたいな~」思っても、
体が「もう腹いっぱいやで~」いうサインを出してるんやったら食べん。
常に頭やなくて体の声に従うようにしたら食べ過ぎを防ぐことができるで。



たまには手を抜いたらええねん。
たまには夕食が全部冷凍食品でもええねん。
たまには洗濯物を何日か放置して溜めてもええねん。
たまには1日何もせずテレビ見ながらゴロゴロしてもええねん。
365日ずっと何事もしっかりせなあかんわけやない。
たまには手を抜いてホッとすることも必要やで。
あんまりマジメ過ぎてたらストレスで頭パーン!なるで(笑)



このブログランキングをポチッ!と押したらええことあるで~(笑)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ





このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

スピババさんのつぶやき その27

登山いうのは自分の足で汗かきながらがんばって登るからええねん。
車で楽に頂上までスイスイ登っても何の感動もないで。
そんで、それは人生も同じや。
人生も泣いたり、苦しんだりしながら生きるからええねん。
生まれてから死ぬまで何の苦労も知らずに生きててみい。
ぶっちゃけ、何の感動も、達成感もないで。
「私の人生って一体何やったんやろ?」思うで。ホンマに。



それが成功するか失敗するか、満足するか後悔するかは置いといて、
とりあえず、自分が今やってみたいこと、行ってみたい場所、
今の自分が興味あることを恐れず思い切りやってみたらええねん。
人生は1回しかないんやからやりたいことやったらええねん。
もし、ダメだったらまた今の状態に戻ってくればええだけの話や。
人生を難しく考えてたらそのまま動けず何もできへんようになってまうで!



例えば、あんたにめっちゃ好きな人がおって、
その相手と付き合いたいと願って見事に付き合えたとしたら、
めっちゃ嬉しいし、最高に幸せを感じることができるわ。
せやけど、その幸せに執着してしまえば、
今度はその相手が自分から離れていく不安や心配に苦しむで。
恋をしてもええけど、それに執着したら苦しくなるいうことや。



「自分は80歳過ぎたからもう何もできへん・・・」
「自分は80歳過ぎたけど人生まだまだ!好きなことやるで!」
別にどっちが正しくて、どっちが間違いいうわけではないで。
自分が今の自分をどう思うかによってそれが答えになるんや。
ちなみに、「80歳過ぎたからもう何もできへん」言うたのは私の父親やけどな(笑)



せっかく生きてんのやから、
自分のやりたいことやったらええやん。
失敗すること、傷つくことを怖がって何せえへんかったら、
そら、何の悲しみも苦しみもないわ。
せやけど、せっかく生きてんのやから、
自分のやりたいこと思い切ってやったらええやん。
そしたら、人生変わるかもしれへんで。
劇的には変わらなくてもちょっとでも変われば儲けもんやん。



踊る阿呆に見る阿呆~♪
同じ阿呆なら踊らにゃ損々~♪
どうせみんないつか死ぬんやから、
どうせみんないつか死ぬなら踊らにゃ損々~♪
誰かに踊らされる人生は楽しないけど、
自ら踊る人生はめっちゃ楽しいで~!
あ、そーれ♪ あ、そーれ♪ それそれーれ♪



自分の好きな人からは好かれたい思うんやけど、
自分の嫌いな人からは別に好かれなくてもええやん。
ぶっちゃけ、こっちは嫌いなのに好かれても困るやん。
みんなと仲良くすることは大事なことやけども、
別にそんな「いい子ちゃん」になる必要はないで。
私は自分の嫌いな人に好かれる努力なんかしたくないねん。
もしかして、これって自己中なん?
ま、別にそれならそれでもええんやけど(笑)



この前、私のブログ記事を見て、
「当たり前のことを偉そうに言うな!」て、
そんなコメントをしてきた人がおったわ。
ま、確かに私が言うてることは当たり前のことやねん。
せやけど、その「当たり前のこと」を忘れてる人が多いのも事実や。
それなら、私のこのブログ記事を見て、
「当たり前のこと」を思い出すキッカケになる人がいたらそれでええやん。



「ありのままに生きる」いうことは、
「わがままに生きる」いうこととはちゃうで。
自分の魂の声に従って本当の自分で生きるいうことや。
魂の声は絶対に非道徳な道は示さへん。
せやから、ありのままに生きてもワガママに生きることにはならへん。



この世で「ありえへんこと」は絶対に起こらへん。
せやから、それが「起こった」いうことは、
たとえ、それがどんなことであったとしても、
それは「ありえること」であって、 
「ありえへんこと」ではなかったいうことや。



このブログランキングをポチッ!と押したらええことあるで~(笑)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ





このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

死を必要以上に恐れなくてもええねん

毎年、何人かの有名人が亡くなってるわけやけど、
今年は特に私が好きな有名人が多く亡くなってる気がするわ。

星野仙一、有賀さつき、西城秀樹、栗城史多(登山家)、桂歌丸、
津川雅彦、さくらももこ、樹木希林、山本“KID”徳郁(格闘家)など、
みんな私が好きな人たちやったから亡くなってもうて残念やわ。

私らはみんな「いつかは死ぬ」いうことを知ってはいるけども、
普段は「死」いうことをあんまり意識せえへん。

せやけど、自分の好きな有名人が亡くなったり、
自分の身近な人の死に向かい合ったりした時、

「ああ、やっぱり人って死ぬんやな・・・」

そう思って、改めて「死」いうことを考えさせられるわ。

ま、別に私は死に対してネガティブな感情は持ってへん。
「いつかは誰もが経験する避けては通れへん当然のこと」
それくらいの気持ちしか持ってへんから、
自分が死ぬことに対しても恐怖心はほとんどないねん。
いや、完全にないわけやなくて、ほとんどや。ちょっとはあるで(笑)

何でそう思うのか言うたら、
人はホンマは誰もがお釈迦様の手の平の上の存在であり、
誰もがそこから決してこぼれ落ちることはなく、
何が起きたとしても全てはその中で起こったことであり、
これまでも、これからも永遠に見守られている存在、
つまり、私らホンマは「すでに救われている」からや。

せやから、そのことを確信している私にとっては、
「死」いうものに対して恐れも汚らわしさもないねん。

とはいうても、自分の大切な人が死んだら泣くで。
そら泣くわ。狂うほど泣き叫ぶかもしれへんけど、
それはその時だけでそれをいつまでも引きずることはない。
少し落ち着いたらちゃんと自分の気持ちの整理はつくで。
人の死は「悲しい」けども「不幸」でないねん。
そのことをちゃんと分かっていれば死は恐れるものちゃうねん。

今回のポイント

【死は悲しいが不幸ではない】


ybyxoioxasduansxdbsxsdsdsd.jpg




このブログランキングをポチッ!と押したらええことあるで~(笑)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ





このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

衝動買いはアカン!

無駄遣いをなくしたいんやったら、
衝動買いをせえへんっちゅうことや。
「あっ、これええな~。買おかな?」思っても、
とりあえず、その時は買わずに家に帰ることや。

そんで、家に帰ってもやっぱりまだ欲しい思うんやったら、
もう1回足を運んで買いに行けばええねんけど、
ほとんどの場合は家に帰ったら「ま、ええわ」思うで。

「やっぱり買えばよかったわ!絶対買うべきやったわ!」て、
そう思うほど悔しがるのは10回に1回くらいなもんやで。

せやから、何かを欲しいと思ってもその時はまだ買わへんことや。
要するに、「1度時間を置いて改めて考えてみる」いうことが大事やねん。
時間を置くことで冷静になれば気持ちも変わってくるっちゅうもんや。

そうすることで無駄遣いをなくせるし、
「あー、何でこんなもん買ってもうたんやろ・・・?」て、
後で後悔して自己嫌悪になることをなくすことができるで。

ただし、買わずに家に帰ってもやっぱり絶対に欲しい思って、
次の日に買いに行ったらもう売切れてて、
「なんでやねん!すぐ買っとけばよかったわ!自分のアホアホ!」
そう思うこともたまにはあるけどな(笑)

bybxydxsmssssssdsdsdffff.jpg




今回のポイント

【買うかどうかは時間を置いて考える】





このブログランキングをポチッ!と押したらええことあるで~(笑)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ





このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

自分の視点で見るか?神の視点で見るか?

自分にとって何か最悪なことが起きた時、
例えば、旅行に行く当日に高熱が出て行かれへんかった時、
一生懸命勉強したのに受験に失敗した時、
階段から落ちて骨折して入院することになった時、
好きで好きでたまらん人にフラれた時、
貯金下ろしてまで勝負したパチンコで大負けした時、
そんな時は誰もがこう思うはずや。

なんでやねん!

「最悪や!最悪や!なんでこうなんねん!ふざんけんなボケ!」
そんな感じで、まるでこの世の終わりみたいな気持ちになる思うわ。

せやけど、そう思うのは、
それを自分の視点で見てるからや。
もし、それを神の視点で見て考えてみたら、
もしかして、それは逆に「これでよかった」のかもしれへん。

自分の目で見たら最悪なことかもしれへんけども、
神の目で見たらグッドなことだったりすることがこの世にはあんねん。

例えば、高熱が出て旅行に行けへんかったからこそ、
自分が乗るはずだった飛行機が落ちたことを回避できたとか、
受験に失敗して他の学校に行ったからこそ、
そこで一生付き合える親友と出会うことができたとか、
骨折して入院することになったからこそ、
その病院の看護師の優しさに感動して自分も看護師になったとか、
好きな人にフラれたからこそ、
その人以上に好きで好きでたまらん人と結婚できたとか、
パチンコでアホみたいに大負けしたからこそ、
パチンコのアホらしさに気付いて止めることができたとか、
一見、「最悪や!」て思うことが、
結果的には「ああ、これでよかったのかも」て思えることがあんねん。

そんで、これは別に珍しいことではなくてな、
こういうことはこの世界にめっちゃいっぱいあるんやでぇ!
あんたも自分の過去を振り返ってみれば1個くらいあるんちゃう?

せやからな、自分に何か最悪なことが起きた時、
「なんでやねん!最悪やわー!」て思ったその後には、
「待てよ?もしかしたら、これも神の視点で見たらええことなのかもしれへん」
そういう視点で物事を考えるクセを身につけると人生は楽になるで。

g ybybybybybxsnxusmxosoxs




今回のポイント

【神の視点で見て考える】





このブログランキングをポチッ!と押したらええことあるで~(笑)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ





このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

人間なんて別にたいした生き物ちゃうで

人の世は 

食うて糞して寝て起きて 

さてそのあとは死ぬるばかりぞ



これは「とんち」で有名なアニメの一休さんのモデルにもなった、
室町時代の臨済宗大徳寺派の僧だった一休宗純が残した言葉やねん。

この言葉の意味は説明しなくても、
もうそのまんまの意味やねん。

人間なんてもんは、
「毎日飯を食って、ウンコして、寝て、起きる」
そんなことを誰もが死ぬまでずっと繰り返していくんやでいうこと。

つまり、人間なんてもんは、
この世に生まれて何かスゴイことをしてるわけではなく、
ただ、毎日飯を食って、ウンコして、寝て、起きてを繰り返して、
そのうち死んでいくのが人間いうもんで、
この世の中、人それぞれいろんな人生を送ってるわけやけども、
結局、人間なんてたいした違いはなくみんな同じようなもんなんやから、
人生をあんまり難しく考えず気楽にいこうやないかいう意味や。

生きてたらいろんなことがあって、
泣いたり、苦しんだり、悩んだり、恨んだり、怒ったり、
みんな人生いろんなことがあるわけなんやけども、
そんな時は一休宗純のこの言葉を思い出してみたらええ。
そしたら、何かに悩んでることがアホらしくなって気が楽になるで~。

nuiuuinuinunuddd.jpg




今回のポイント

【人生を難しく考えないこと】





このブログランキングをポチッ!と押したらええことあるで~(笑)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ





このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

過去の栄光にすがって生きるな!

自分の過去の栄光にすがってる人間ほど惨めなものはないねん。

自分は過去に甲子園に出て優勝したとか、
自分は過去に女にモテまくってたとか、
自分は過去に大勢の社員を抱える会社の社長してたとか、
自分は過去にプロスポーツ選手で日本代表だったとか、
自分は過去に人気アイドルグループの一員だったとか、
自分の過去がどうであれ、その過去は今はもうどこにもないねん。

戻りたくても戻れへん、掴もうとしても掴めへん、
過去っちゅうのは今はもうどこにもない夢みたいなもんやねん。

ま、別に過去を大切にすることは悪いことちゃうで。
自分の過去を振り返って懐かしんで楽しむこともええ思うで。

せやけど、
今の現実から逃げていつまでも過去にすがってたらアカン!

いくら自分の過去が輝いていたとしても、
いくら自分の過去が絵に描いたような幸せだったとしても、
今の自分がクソやったらあんまり意味ないで。

最初にも言うたけど、過去は過去やねん。
過去なんか今どこにあんねん?
過去は自分の記憶の中かビデオテープか写真の中くらいしかないで。
その過去にすがったところで今の自分は幸せになれるん?

あのな、人生っちゅうのは今のことを言うねん。
私らは過去に生きることも、未来に生きることもできへん。
いつでも今にしか生きることができへんねん。

せやから、今を無視して過去ばっかり見てたらあかんのや!
過ぎ去った過去やなくて今をしっかり見ろや!
目の前にある今をちゃんと楽しもうとしろや!

たまにテレビで見たりするんやけど、
昔、自分が芸能人とかスポーツ選手とか国民的スターだったのに、
今は落ちぶれて麻薬に手を出したりして捕まったりする人もおるやん?
やっぱり、そういう人は自分が輝いてた過去の栄光に執着し続けて、
過去と今との現実のギャップを受け入れられへんかった人なのかもな。
まぁ、そういう人の気持ちも分からんでもないんやけど、
それはやっぱり過去の栄光に執着して今の現実から逃げ続けた代償や思うわ。

dxdxndnxdmfgdfmdfd.jpg




今回のポイント

【過去にすがって今から逃げてはいけない】





このブログランキングをポチッ!と押したらええことあるで~(笑)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ





このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

心配ばっかりして生きてても楽しないやん

何かをどんなに心配したところで、
「起きる時は起きる」わけや。

雨が降ったらどないしよて心配したところで、
「雨が降る時は降る」わけや。

好きな人に告白してフラれたらどないしよて心配したところで、
「フラれる時はフラれる」わけや。

自分が乗ってる飛行機が落ちたらどないしよて心配したところで、
「落ちる時は落ちる」わけや(笑)

つまり、自分がいくら心配したところで結果は変わらへんのや。

夜眠れへんくらい心配しても、
何も心配せずぐっすり寝ても、
それが「起きる時は起きる」だけやから、
私らはそれが起きたら「起きたこと」を素直に受け入れるだけやねん。

ま、別に心配することが悪いわけちゃうで。
子供の帰りが遅かったら心配になるやろうし、
ちょっと外出て近くまで様子見にいこか思うやろし、
心配することがアカン言うてるわけやなくて、
人間やから心配することがあってもええんやけども、
ま、こんなこと言うたら「冷たい人間」て思われるかもしれへんけど、
自分がどんなに心配したからいうても「起きる時は起きる」わけやから、
自分がどんなに心配したからいうても結果は変わらへんでいう話や。

ま、誰でも「こうなってほしくない」思うことはあるし、
人間やから何かを心配することがあってもええんやけど、
いくら心配しても自分の力で結果を変えることはできへんのやから、
もう少し力を抜いて気楽に生きまっしょいっちゅうことや。
いつも何かを心配ばっかりして生きてたら病気になるで(笑)

uunununuxsioxfdfinmismoo.jpg




今回のポイント

【全て起きる時は起きる】





このブログランキングをポチッ!と押したらええことあるで~(笑)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ





このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

この世で起きる全てのことは完璧?

生きてればいろんなことがあるわ。
人との出会い、別れ、病気、事故、自然災害、
「何であのタイミングであれが起きたのか?」とか、
自分の今までの人生を振り返ってみた時に、
「何で?」て思うことがたくさんあるわ。

せやけど、もしかしたら、
それはその全てが「完璧なタイミング」で、
それら全てのことが「起きる時に起きた」のかもしれへん。

人間の視点で見れば受け入れがたいことであったとしても、
神の視点で見れば全てが完璧なのかもしれへん。

なぜ完璧なのか?

知らん!

それは小さな人間である私らには理解できへんのかもしれへん。
私ら人間は自分の体を通して見た世界や経験でしか判断できへんけど、
神はもっと大きな宇宙的な視点で全てを判断できるとしたら、
神の視点では全ては何もかもが完璧なのかもしれへんな。

私ら人間の視点では、
「世の中こんなに怖いことが起きてんのに全て完璧なん?」思うことも、
神の大いなる視点では、
バカボンのパパみたいに「これでいいのだ!」言うてんねん。
そうか!分かったわ!神とはバカボンのパパのことやったのか!
いや、それは絶対ちゃうけどな(笑)

つまり、自分の人生に起こる全てのことも、
この世に起こるありとあらゆる全てのことも、
ホンマは「全ては完璧」なのかもしれへん。

せやけど、それは人間である私らには理解できへんために、
人生で泣いたり、叫んだり、苦しんだり、恨んだりしてるわけやけども、
神にしてみればその全てを「これでいいのだ!」言うて見てんのかもしれへんな。

assssghhh hdhd dddd




今回のポイント

【本当は全てが完璧なのかもしれない】





このブログランキングをポチッ!と押したらええことあるで~(笑)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ





このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

スポンサーリンク

プロフィール

スピババ

Author:スピババ
私があの有名なスピリチュアルメッセンジャーのスピババやで。(どこで有名やねん!)このブログでスピリチュアル世界のこと、人生の考え方、生き方など、毎日を明るく楽しく生きていく方法をいろいろ教えたるわ。人生なんてもんは生きてたら誰でもいろいろあるけどあんまり難しく考え込まず気楽にいきまっしょい!

ツイッター (アカウント停止中)

人気ブログランキング参加中!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
114位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
33位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

QRコード

QR

カウンター

全記事表示リンク

最新記事


スポンサーリンク