自分の人生にたくさん種を撒けや!

自分の人生にできるだけたくさんの種を撒くことや。
人生を楽しく有意義にしたいんやったらそのための種を撒くことや。
そういう種をできるだけたくさん撒いてみることや。

ただし、その撒いた種が全部実るわけではないで。
すくすく成長して実をつける種もあれば、
途中で枯れてまったり、最初から全然ダメな種もあるで。
ぶっちゃけ、ほとんどの種は実らへんかもしれへん。
せやけど、その中の1つでもすくすく成長した種があったとしたら、
今度はその1つの種に集中してじっくり大切に育ててやればええねん。

例えるなら、宝くじをたくさん買うみたいなもんや。
たくさん買ったとしてもほとんどの宝くじは外れるけども、
たまには4等か5等くらい当たるかもしれへんし、
もし、1等でも当たれば儲けもんやで。

そのためには、とにかく種を撒くことや。
種を撒かずに実を望んでいても時間の無駄や。
自分の人生を楽しく色鮮やかにしたいんやったらとにかく種を撒け!
今の自分にできることは何でもどんどん首を突っ込んでいけ!
そしたら、その中の1つが自分の人生を劇的に変えてくれるかもしれへんで。

ちなみに、どんどん種を撒けいうても、
詐欺の電話を1日に何千回と手当たり次第かけて、
1人でも騙せて金を振り込むアホがいたらラッキーみたいな、
そんなクソみたいな種撒きはしたら絶対にアカンで!
そんな種を撒いてたらいずれその悪魔の種に飲み込まれてまうで。

あと、どんどん種を撒けいうても、
柿の種をいくら撒くいても何も実らんで。
そんなん、ただお菓子をばら撒いてるだけやで(笑)

gdsmhihmsmhusmumss.jpg




今回のポイント

【人生にたくさん種を撒きましょう】





このブログランキングをポチッ!と押したらええことあるで~(笑)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ





このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

運の流れが悪い時はどうすればええのか?

人には運気いうもんがあってな、
運の流れがええ時もあれば、悪い時もあって、
人生はその繰り返しである言うても過言ではないねん。

例えば分かりやすく言うとな、
パチンコに行って千円ですぐに当たったり、
「何でこんな弱リーチで当たんねん!」とか、
「確変止まらへんやん!これ何なん?壊れてんちゃうか(笑)」とか、
自分でも怖いくらい連戦連勝で勝ちまくる時もあれば、
逆に、激熱予告や激熱リーチをこれでもかと外しまくったり、
自分が座る台ばっかり1000回転以上ハマって、
自分がどいて他の人が座ったらすぐ当たったりして、
「何なん?遠隔操作でもしてるんちゃう?おかしいやんアホ!」とか、
何をしても嘘みたいに負け続ける時もあるみたいな話や。

じゃあ、今の自分は運が悪い、ツイてへんて思う時はどうすればええか?
それは、簡単なことや。

ジタバタせえへんいうこっちゃ!

運気が悪い時に「ああでもない、こうでもない」言うて、
無駄にジタバタ動くから糸がこんがらがるようにおかしくなるんや。
そういえば、昔、シブがき隊も「ジタバタするなよ!」て歌ってたな。
ま、若い人はそんな古い歌は知らへんかもな(笑)

ただ、運気が悪い時はジタバタせんことやからいうても、
何もせずにアホみたいな顔して毎日ポケーッとしてるわけやなくて、
そういう運気が悪いどん底の時でもできることはあるはずや。
そういう時でも「今の自分にできることは何か?」を考えることや。
例えば、家の掃除をするとか、しばらく行ってへんかった墓参りに行くとか、
無理に運気を回復しようとジタバタするんやなくて、
今の自分にできる小さなことを静かにやればええねん。

運気なんてもんは天気のようなもんでな、
今日は台風でもいつかそのうち晴れてくるもんやねん。
せやから、今は大荒れでもそれが止むまで待てばええだけのことや。
「運気が回復するまで家で静かに酒でも飲もか~♪」
「運気が回復するまでたまには温泉でも行こか~♪」
そんな感じで気楽に待てばええねん。
そうこうしてるうちに台風も去って、
雲一つない気持ちのええ青空がまた自分の中に広がってくるんやから。

mmhhmmuhmumxxfffdxfdf.jpg




今回のポイント

【運が悪い時はジタバタしないこと】





このブログランキングをポチッ!と押したらええことあるで~(笑)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ





このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

死はいつでも自分の隣にあるんやで

「死」いうものを必要以上に恐れてしまうのは、
「死んだら自分いう全てが消えてしまうかも」とか、
「死んだ後に自分はどこに行くことになるんやろ?」とか、
要するに「死んだらどうなるか分からへん」から怖いんや。

逆に、「死」いうものが怖いというよりも、
「死」いうものにあまりピンとこない思うのは、
「死」いうものは今の自分から遠くにあるもやと感じてたり、
「自分もいつか必ず死ぬ」いうことを頭では分かってても、
腹の底ではどこか他人事のように思ってたりするからや。

「死」を恐れてる人も、
「死」にあまりピンとこない人も、
「死はいつでも自分の隣にある」ことに変わりはないんや。
死があるのは当然のことであって、
死は恐れるものでも忌み嫌うものでもないねん。

あんたも私もいつか必ず死ぬ。
今この地球上にどんだけ多くの人がいるか知らへんけども、
その全員がいつか必ず死ぬ。そこに例外はない。
100年後には今この世界に生きてる99%の人が死んでるはずや。
残り1%の100歳以上でまだ生きてる人も近いうちに必ず死ぬ。

「生きる」いうことと「死ぬ」いうことはセットや。
「死」があるからこそ「生きる」ことができるんや。
「死」がなければ「生きる」ことはできへん。
コインの「裏」があるからこそ「表」があるんや。
「裏」がなかったら「表」は存在することはできへんねん。

せやから、必要以上に「死」を恐れることはないし、
「死」を特別なことやと思う必要もない。
「死」は常に自分の隣にいつでも存在してんねん。
私は自分が死ぬ時は万歳しながら死ねたら幸せや思てる。
「さよなら世界!ありがと世界!バンザーイ!」
そう言いながら万歳して死ねたら最高や思てるわ(笑)

dffffjmumxuihfuihmiodddfjjjffdkj.jpg




今回のポイント

【「生きる」と「死ぬ」はセットである】





このブログランキングをポチッ!と押したらええことあるで~(笑)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ





このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

仕事つまらんとか言うてる人に考えてほしいこと

「仕事つまらんから辞めたい」言うてる人は多いわな。
ま、毎日楽しく仕事できるのは理想やけど、
そういう人は少数で多くの人は仕事を楽しいとは思ってへん。

でもな、よう考えてみたらな、
そもそも、仕事いうのは「楽しむため」にやってるわけやなくて、
「金を稼ぐため」にやってるわけやん?
そしたら、仕事がつまらんとしても金が稼げてるならええやん。

もし、「自分は金のためやなくて楽しむために仕事してるで!」て、
そういう目的で仕事してる人は仕事がつまらんなら辞めてもええけど、
「金を稼ぐ目的」で仕事してるんやとしたら、
仕事がつまらんとしてもそこは割り切って仕事をしたらええやん。

仕事は金を稼ぐための手段として割り切って働いてれば、
「仕事つまらん」
「毎日こんな単純作業ばかりやってられへん」
「この仕事にやりがいなんか感じられへん」
「自分は毎日朝から夜まで何やってんやろ?」
そういうことを思ったとしても「辞める」いう気持ちは出てこない思うで。

「自分は何のために今ここで仕事をしてるのか?」を考えてみたらええ。
「楽しむため」、「やりがいのため」に仕事してるのか、
「金を稼ぐこと」を一番の目的として仕事してるのか、
そのことを改めてじっくり考えてみたらええ。

そんで、「金を稼ぐこと」が一番の目的で働いてるんやったら、
仕事つまらんくてもそれで金を稼げてるなら目的は達成してるわけやから、
「仕事つまらん = 仕事辞める」はおかしいことに気付くんちゃう?

そういえば、昔、私はパートでスーパーのレジで働いたことあるんやけど、
毎日ずっと立ちっぱなしで足が痛くなるし、
頭おかしい客から変なクレームも来るしでストレスも溜まったけども、
「仕事つまらんから辞めたい」て思ったことは一度もないで。
何で言うたら、私は「金を稼ぐため」にその仕事を選んだわけであって、
「楽しそうだから」いう理由で仕事を選んだわけやなかったからや。
他のパートの人も同じでみんな「金を稼ぐため」に仕事してて、
「レジの仕事めっちゃ楽しい!」言うて働いてる人はいなかったし、
みんな自分の子供や家族の生活のために割り切って働いてて、
そこに楽しさを求めてへんから「つまらんから辞める」いう人はいなかったで。

春は新卒の新入社員が多いけども、
3か月や半年くらいでさっさと辞めてまう人も少なくないわ。
せやけど、「仕事つまらんから辞めたい」いう人は、
「自分がここで働いてる目的は何か?」
「自分は数ある仕事の中から何でこの仕事を選んだのか?」
そういうことを思い出してみたらええ思うで。

ddfdhfi,jjkjdgfghdsd




今回のポイント

【自分が働いている目的をハッキリさせる】





このブログランキングをポチッ!と押したらええことあるで~(笑)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ





このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

心の中にナイフが出現したらどうしたらええのか?

自己嫌悪、喪失感、孤独、不安、恐怖、絶望、
こういった感情に心が支配されてまうと苦しいわ。
毎日がとても辛くて重くて、
ちょっとずつ、ちょっとずつ精神が蝕まれていくねん。
それはこの世にある地獄の中の1つであると言ってもええ。

そんな日々が続いていく中で、
ある時、自分の心の中に1本のナイフが現れる時があんねん。
そんで、ある人はそのナイフを自分自身に突き刺し、
ある人はそのナイフで他人を突き刺したりすんねん。

そのナイフを自分に突き刺せば自死になるし、
他人に突き刺せば殺人で逮捕されてまうから、
どっちを選んでも最悪な結末になってまうねん。
ま、他人に迷惑かけへんだけ自分にナイフを刺す方がマシかもな(笑)

もし、そんな地獄のような毎日の中で、
自分の心の中にナイフが出現してしまったらどうしたらええのか?

無視してスルーしたらええねん

具体的にはそのナイフに意識を向けへんことや。
意識を向ければ向けるほどそのナイフは大きく鮮明になってきよる。
せやから、そのナイフに意識を向けへんことやけど、
「意識を向けたらアカン!」と思ったり、
「ナイフなんか見えまへん!」と思ったりすることは結局、
「ナイフに意識を向けへんように意識を向けてる」ことになるからダメや。

例えば、「ミカンのことは考えたらアカン!」て思えば、
その瞬間、頭の中にミカンの絵が浮かんでくるのと同じや。

じゃあ、どうしたらええのかいうたら、
全く全然別のことをすることや。

テレビでお笑い番組を見て「がはは!」と笑ってもええし、
酒飲んでうまいもん食べて空腹を満たしてもええし、
運動して体を動かして汗をかいてもええし、
ゆっくり風呂に入ってリラックスしてもええし、
とにかく、そのナイフのことは無視して別のことに集中することや。
自分が意識を向けへんことは知らない間に消えていくもんやから、
そのうち心の中のナイフも自然消滅していくっちゅうわけや。

moihkmomomommmmddds.jpg




今回のポイント

【消えてほしいことには意識を向けない】





このブログランキングをポチッ!と押したらええことあるで~(笑)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ





このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

「みんなと同じ」はええことか?

学校の先生はクラスの生徒たちに、
「みんなと同じようにしましょう~」言うねん。
もし、そこからはみ出すような生徒がおったら、
先生から「問題のある生徒」いうレッテルを貼られてまうねん。

たしかに、集団生活の中では協調性を持つことは大切で、
集団の中で1人勝手なことをする人は迷惑なのも事実や。

せやけど、その生徒の意見や個性を全く認めようとせず、
頭ごなしに「とにかく、みんなと同じことをせえ!」て教え続けると、
学校を卒業して大人になって社会に出る頃には、
「みんなと同じ = 良いこと」
「みんなと違う = 悪いこと」
そんな考え方が染み付いてしまうかもしれへんで。

「みんなと同じことをしていれば安心や」
「みんなと同じことをしていれば否定されへん」
「みんなと同じことをしていれば間違いないわ」

「みんなが大学に行くから自分も行く」
「みんなが結婚するから自分も結婚する」
「みんなが賛成だから自分も賛成する」

そんなふうな考え方で生きている人はトラブルも少なく、
周囲からも評判が良く「良い人」やと思われるかもしれへんけど、
その反面、「自分の考えを持ってへん人」とか、
「すぐ周りの意見に流されてまう人」とか、
「個性のない人」とかになってまうかもしれへんで。

みんなと同じことをすることも大事なことやけど、
必ずしも「それが一番ええこと」ではない時もあるで。
時には周囲のみんなを敵に回してでも、
「でも、自分はこう思うねん!自分はこうしたいねん!」て、
自分の気持ちをバーン!てぶつけることが必要な時もあるで。
何でもかんでも自分を押し殺して周りに合わせてばかりおったら、
周りから「都合のええ奴」とか、「扱いやすい奴」とか、
下手したらそんなふうに軽い人間や思われてしまうかもしれへんで。

みんなの気持ちを尊重にすることも大事やけど、
自分の気持ちを尊重することも同じくらい大事なことや思うで。

ま、私なんかは個性が強すぎて好かれる人には好かれるけども、
嫌う人には徹底的に嫌われてまうけどな(笑)

xubuyanuininuiuinndsdsgdgsss.jpg




今回のポイント

【周りに合わせてばかりいるのではなく、
自分の気持ちも同じくらい大事にした方がいい】
 





このブログランキングをポチッ!と押したらええことあるで~(笑)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ





このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

人は死んだらどうなんの?

肉体は死ぬが自分は死ぬことはないねん。
じゃあ、肉体が死んだ後の自分はどうなるのか?

それは肉体を持つ前に自分が元々いた場所に戻るだけや。

その場所はどこやて?
分かりやすく言えば、
「神と呼ばれているもの」
そこにまた帰っていくだけの話や。

つまり、前からずっと言うてることやけど、
私ら元々は誰もが神の一部であるわけやから、
私らホンマは誰もが神様っちゅうことや。

せやから、死いうものは悲しいものではないねん。
ま、確かに悲劇的な死とか、残酷な死とか、
そういうことで死んでいく人がおるのも事実やし、
そういう死は残された者が泣き叫び悲しみに暮れるやろう。
もちろん、それが悪い言うてるわけやないで。
そういう時は思いっきり悲しんで思いっきり泣けばええ。
ただ、落ち着いたらこのことを思い出してほしいねん。

「死 = 再び神と一体になること」

これは決して悲劇ではなくて、
むしろ、喜ばしいことでもあるわけや。
せやから、死んでいった人たちをただ悲しむだけやなくて、
「今までありがと!」言うて感謝して笑顔で手を振ってやることも大事や。
死は苦しみではなく、本来の家に帰るようなもんなんやから。

gghhjfhsosoixniusyyoisjoksofsfsf.jpg




今回のポイント

【死 = 再び神と一体になること】





このブログランキングをポチッ!と押したらええことあるで~(笑)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ





このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

神様の助けを待ち続けた男の話

昔、ある国で大洪水が起きましたとさ。

男は大慌てで自分の家の屋根に上がり、
「神様!どうか私をお助けください!」て祈ったんや。

そしたら、空から声が聞こえてきて、
「よっしゃ。ほんなら助けたるで~」て神様は言うたんや。

その時、今にも壊れそうなボロボロの船に乗った近所の人が、
「おい!早くこの船に乗れや!」て言うんたんやけど、
男はそんなボロ船に乗らんでも神様が助けてくれるからと思い、
「俺は大丈夫や!」て断ったんや。

そうこうしてるうちに、
男の上半身まで水が迫ってきたんや。

その時、またさっきのボロ船に乗った近所の人が戻ってきて、
「おい!ええから早くこの船に乗れや!」て言うたんやけど、
男はそのボロ船に他にも人が大勢乗っていたもんやから、
自分が乗ったらボロ船が沈んでしまうかもしれへん思って、
「俺にはもうすぐ助けが来るから大丈夫や!」て断ったんや。

そうこうしてるうちに、
男の顔まで水が迫ってきて、
ついに男は溺れて死んでしまったんや。

その後、死んだ男は神様の元に怒鳴り込んだんや。

男 「神様何で助けてくれへんかったんや!助けてくれる言うたやん!」
神 「だから、近所の人の姿で何度も助けようとしたやんけ!」
男 「え?」
神 「せっかく船で助けようとしたのに断ったのはお前やんけ!」
男 「そんな・・・」

hjhdshdzggdsdindiushdsd.jpg




今回のポイント

【目の前のチャンスを逃さないこと】





このブログランキングをポチッ!と押したらええことあるで~(笑)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ





このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

自分で決めたことをちゃんと守ってまっか?

人間っちゅうもんはな、
人との約束は大事にして守るけども、
自分との約束はそれほど大事にせず平気で破ったりするもんやねん。

人との約束を破ったら文句を言われたり、トラブルになったり、
その相手との関係が悪くなっていろいろ問題に発展するかもしれへんけど、
自分との約束は破ったとしても別に誰かに文句を言われるわけでもなく、
「ま、ええか~」で終わってまうねん。

「今日からダイエットするで!」
「今日でパチンコはもう止めるで!」
「明日から早寝早起きするで!」
「明日は家の大掃除をするで!」
「近いうちに墓参りに行くで!」

そういう自分で決めた自分との約束っちゅうのは、
よっほど意志が強くないかぎり、
「ま、ええか~」て簡単に破ってしまいがちやねん。

せやけど、しょっちゅう自分との約束を破ってばかりだと、
徐々に「自分はダメな人間や」とか、「自分に自信が持てへん」とか、
心の中にそういう気持ちが少しずつ澱のように溜まってきて、
気が付いた時には「どうせ、自分なんか・・・」というような、
そういうネガティブなセルフイメージが出来上がってまうねん。

この世界は自分が思ってることが人生に引き寄せられてくるもんやから、
自分がそういうネガティブなセルフイメージを持ってたら、
ホンマに自分はそういう方向へと流れていってまうねん。
それって、けっこう怖いことや思わへん?

それが嫌や思うんやったら、
自分との約束は守ること!
できへん約束は最初からしないこと!


自分との約束を破っても誰にも文句は言われず、
ペナルティーもなく、何も損はせえへんと思わず、
自分との約束も人との約束と同じように大事にせなアカン!
そもそも、自分との約束をいつも平気ですっぽかすような奴が、
人生成功して幸せな日々を送れたりするわけないやん!

gsinfjhmodffdhsfdhsdsds.jpg




今回のポイント

【自分との約束を守ること】





このブログランキングをポチッ!と押したらええことあるで~(笑)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ





このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

自分らしく生きて何があかんの?

「自分らしく生きる」て別に悪いことちゃうで。
時には、この場面では「自分らしく」を抑えなあかんとか、
そういうことを考える必要もあるけど、
基本的には「自分らしく生きて何があかんの?」思うねん。
「自分らしく生きる」は「ワガママに生きる」とはちゃうで。

みんな、「自分らしく」を必要以上に抑えすぎなんちゃう?
せやから、ストレスが溜まったり、毎日がつまらんと思ったり、
生きてくのって何かしんどいて思ったりするんちゃう?

ま、今まで隠してた自分らしさを周りに出したことで、
「この人ってこんな人やったん?」とか、
「え?この人何なん?」とか、
そう思われて少し変な目で見られるかもしれへんし、
そこで離れていってまう人もおるかもしれへんけど、
「それならそれで、しゃーないわ!」て開き直ってもええ思うで。
去っていく人もいれば、新たに近づいてくる人もおるわけやから。

人に嫌われることを恐れて「自分らしさ」を出さず、
ホンマの自分を隠して嘘の自分で生き続けてたらしんどいのは当然や。
恐れずにもっと自分らしさ、どんどん出していこ!
大事なことは「人に迷惑をかけへんこと」そんだけや。

ちなみに、私の近所に20代くらいのコスプレ好きな女性がおって、
週末になるとアニメキャラの恰好して公園で踊ってるんや。
近所では「変な人」て言われてるわけやけども、
私は「あの人、自分らしく生きてんな~!」思うで。

xbdunduynxfuismuifmsuimfuiss.jpg




今回のポイント

【もっと自分らしく生きればいい】





このブログランキングをポチッ!と押したらええことあるで~(笑)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ





このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

スポンサーリンク

プロフィール

スピババ

Author:スピババ
私があの有名なスピリチュアルメッセンジャーのスピババやで。(どこで有名やねん!)このブログでスピリチュアル世界のこと、人生の考え方、生き方など、毎日を明るく楽しく生きていく方法をいろいろ教えたるわ。人生なんてもんは生きてたら誰でもいろいろあるけどあんまり難しく考え込まず気楽にいきまっしょい!

ツイッター (アカウント停止中)

人気ブログランキング参加中!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
90位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
35位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

QRコード

QR

カウンター

全記事表示リンク

最新記事


スポンサーリンク