どんな人が握るかによっておにぎりの味は変わる

人間っちゅうのは手からエネルギーが出てるんや。
目には見えへんエネルギーが手から「ビビビッ!」て出てるんやで。

せやから、おにぎりは握った人で味が違うんや。
優しい人の手で握ったおにぎりは優しい味がするし、
クソみたいな人の手で握ったおにぎりはクソみたいな味がするんやで。
同じ人が握ったおにぎりでも気分がええ時に握ったおにぎりは美味いんやけど、
イライラしながら握ったおにぎりはやっぱ不味いで。

あと、自分の母親が握ったおにぎりって美味いやん?
それはな、母親の愛情っちゅうエネルギーが注入されてるから美味いんや。
せやから、母親が握ったおにぎりはその家族が食べたら美味いんやけど、
何の関係もあれへん他人が食べてもイマイチだったりするねん。

また、コンビニのおにぎりは機械で作ってるやん?
人の手から発せられるエネルギーが注入されてへんもんやから、
やっぱり何か機械的な味がするねん。
コンビニのおにぎりも企業努力でそれなりに美味いんやけど、
やっぱり手作りのおにぎり屋さんで買ったおにぎりの方が美味いねん。
おにぎりに限らず何でもそうやけど、
やっぱり人の手で作った食べ物っちゅうのは美味いねん。
それは人間の手から出るエネルギーが隠し味になってるんやからな!

ホンマに人間の手から発せられるエネルギーにはスゴイ力があるんやで。
手から出るエネルギーを使ってマッサージしたり癒したりもできるし、
手から出るエネルギーを使っていろんなものを創作できたりもするねん。

ちなみに、ハンドパワーのMr.マリックがおにぎりを握ったら、
「手からものすごいエネルギーが出てめっちゃ美味いおにぎりができるんちゃう?」
そう思うかもしれへんけど、Mr.マリックは手品師やからな!
ハンドパワーはただのマジックショーやからな!
「きてます!きてます!」っちゅうてもホンマは何もきてへんからな!
Mr.マリックの手からは何のパワーも出てへんからな(笑)

xxgdfcrgsgvfxwexd.jpg




今回のポイント

【人間の手からはエネルギーが放出されている】





毎日1回ブログランキングをポチっと押してくれたら嬉しいわ~

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ





このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

ウンコに感謝!

「ウンコに感謝て何なん?いきなり何を言うてるん?」て思うやろうけどな、
ウンコが出るっちゅうことはめっちゃありがたいことなんやで。
そら、ウンコは臭いし汚いし、ウンコがめっちゃ好きっちゅう人はおらんやろ。

でもな、ウンコは体のいらないもんを全部外に出してくれるんやで。
ウンコが出えへんかったら大変やで。困るで。ずっと便秘やで。苦しいで。
そう考えたらウンコはありがたいもんやっちゅうことが分かるやろ?
そういうふうに本気で「ウンコに感謝!」て思うことができる人っちゅうのは、
冗談抜きでかなり魂のレベルが高い人やで。

私もウンコは別に好きちゃうけどウンコが出てスッキリできた時は感謝してるで。
腹からウンコを外に排出するための機能がちゃんと動いてくれた体と、
いらないものをまとめて外に出してくれたウンコに感謝してるで。
まぁ、別にウンコに感謝してるからいうても、
トイレでウンコを流す時に手を合わせて拝んだりはせえへんけどな(笑)

今回はウンコの話しかしてへんけど別にふざけてるわけちゃうで。
今回の記事で結局は何が言いたかったんかっちゅうとな、
究極の悟りっちゅうのはやっぱり感謝することやと思うねん。
どんな小さいことにも感謝、どんな当たり前のことにも感謝、
嫌なことがあってもその中からプラスになることを見つけて感謝、
どんなことにも感謝できることはあるっちゅうことや。
そうやって何にでも感謝できるようになったら悟りを開いたのと同じことやで。

ちなみに、「ウコンの力」を「ウンコの力」て言うて喜んでてええのは10代までやで。
大人になってもそんなこと言うて喜んでたらアホやで。そんな奴モテへんで。

33erdgfrtdhyj.jpg




今回のポイント

【どんなことにも感謝できることはある】





毎日1回ブログランキングをポチっと押してくれたら嬉しいわ~

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ





このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

ネガティブの達人になったらアカン!

何でもすぐに悪い方向に考える人っておるやん?
心配症っちゅうものなのかもしれへんけど、
ちょっとでも子供の帰りが遅かったら、
「もしかして事故に遭ったんちゃうやろか?」とか、
後ろで誰かがヒソヒソ話しとったら、
「もしかして自分の悪口言われてるんちゃうやろか?」とか、
夫がケータイでコソコソ電話しとったら、
「もしかして浮気でもしてるんちゃうやろか?」とか、
まぁ、そう思ってまう気持ちも分からんでもないで。

せやけど、何ですぐにそこまでネガティブに考えてしまうん?
1のことを10にも100にも大きくして考えてもうて、
「よくそこまでネガティブに考えることができるもんやな!」っちゅうて、
逆に思わず感心してまうような人もおるけど、
そういう人っちゅうのはネガティブな面を探すのが上手い人やねん。
もうそういう思考の癖がビッシリ身についてもうてるもんやから、
何でも反射的にすぐネガティブを見つけ出そうとするねん。
そういう人は物事からネガティブを見つけ出す達人やねん。
ネガティブを極めとんねん。ネガティブマスターやねん!

例えばな、ハエを普通に見たら別に怖くも何ともないねんけど、
ハエを虫メガネで見たら凶悪なモンスターに見えて怖くなるやん?
ネガティブな人はそれと同じようなことをしとるんやで。
普通に考えたら別に何も怖くないような出来事でも、
ネガティブな人はそれを無理に大きくして考えるから不安になるねん。
簡単なことを難しく考えようとせんでもええねん。

何でもすぐにネガティブに考えてまう自分が好きなわけちゃうやろ?
そんな自分嫌いやろ?もうそういう自分とはサヨナラしたいやろ?
ネガティブに考えてても楽しないやん?苦しいだけやん?辛いだけやん?

大体な、心配事の8割~9割は起きへんもんやねん。
心配事のほとんどは取り越し苦労で終わるもんやねん。
実際に目の前で起こってることは心配したらええけど、
実際にまだ起きてへんし起きるかどうかも分からへんことに心配せんでもええねん。

せやから、もうそういう考え方は止めようや。
もうそういうネガティブな思考は手放そうや。
もっと楽に生きてもええんやで。

ちなみに、いくら必要以上に心配するのは止めたからっちゅうても、
「あれ?もしかして家のストーブ付けっぱなしだったかも?」とか、
そう思うようやったらすぐに家に引き返さなアカンで!
それでも「まぁ、ええか」て思ってたら帰宅した時に家焼けてるかもしれへんで(笑)

ewzswerfxergxewtge.png




今回のポイント

【必要以上に心配することを止める】





毎日1回ブログランキングをポチっと押してくれたら嬉しいわ~

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ





このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

人生っちゅう映画は監督も主人公も自分自身なんやで!

人生っちゅうもんは自分が主人公の映画やと思えばええねん。
しかも、監督も自分やねん。
せやから、ストーリーは全部自分で決めることができるねん。

自分の映画をアカデミー賞が取れるくらいの最高の映画にするんか、
ホラー映画にするんか、コメディー映画にするんか、短編映画にするんか、
つまらんからすぐにブックオフに売られてまうようなB級映画にするんかは、
全て監督と主人公を務める自分自身にかかってるんやでぇ!

それにな、人間は死んだ後にあの世で今までの人生を全部見せられるねん。
その時に神様に「何やこのクソ映画?お前の人生って何だったん?もうええわ」
そんなこと言われたら嫌やろ?泣いてまうやろ?
「お前の映画めっちゃおもろいやん!めっちゃ感動したわ!次回作も期待してるで!」
そう言われたら早めにもう1度命を与えられて現世に再び生まれて来れるんやで。

っちゅうわけで、あんたは自分の映画のストーリーをどう作るん?
金をたくさんかければええっちゅうことではないで。
別に低予算でもええ映画は作れるで。
すでに人生っちゅう映画はもう撮影開始されてるんやで!
もしも、今の映画のストーリーがつまらんのやったら今から脚本を自分で書き直せや!
今からでも遅くはないんやで!
今からでも十分にええ映画にすることはできるんやで!

dwxfewrgxrtwdgrt.jpg




今回のポイント

【人生という自分の映画を
 素晴らしいものにすること】




毎日1回ブログランキングをポチっと押してくれたら嬉しいわ~

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ





このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

スポンサーリンク

プロフィール

スピババ

Author:スピババ
スピリチュアルババアへようこそ。スピリチュアルメッセンジャーのスピババと申します。このブログでスピリチュアル世界のこと、人生の考え方、生き方など、いろいろ教えたろ思っとります。ゆっくり見てってや。

ツイッター (アカウント停止中)

スピリチュアル相談

人気ブログランキング参加中!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
56位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
20位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

QRコード

QR

カウンター

全記事表示リンク

最新記事


スポンサーリンク