あんたが子供の時になりたかったものは何なん?

小さな子供らに将来大きくなったら何になりたいか聞くと、
「プロ野球選手になりたいんや!」とか、
「ミュージシャンになってオリコンで1位を取んねん!」とか、
「でっかい会社の経営者になるんや!」とか、
「ウルトラマンになりたいねん!」とか、
そういう夢を恥ずかしがることもなく目をキラキラさせて言いよるわ。

せやけど、そんな子供らも何年か経って大人に近づいてくると、
昔のそんな夢もすっかりキレイさっぱり消え去ってもうて、
「どこでもええから正社員になるのが目標ですわ」とか、
「安定した公務員を目指してまんねん」とか、
「金持ちの男捕まえて結婚するんや~」とか、
子供の時の自分の夢とは全然違うこと言うようになんねん。

それは自分が大人になるにつれて現実を知ったからいうよりも、
自分の中に子供の時の夢を否定するもう1人の自分が出てくるようになって、
「いつまでそんな夢を見てるん?恥ずかしない?」とか、
「お前には無理や。はよ目を覚ませアホ」とか、
自分の中に聞こえてくるそういう声に「そうやな」て納得してまうからや。

ま、それは別に悪いことではないねん。
夢ばかり見てるんやなくて自分の実力いうものを冷静に判断して、
自分の夢を諦めて違う道を選ぶいうことも大事なことやで。

せやけど、個人的に思うことは、
「やるだけやったらええやん」いうことや。
たとえ、結果的にあかんかったとしても、
全力で努力してやるだけやってダメやったのと、
何にもせえへんで簡単に諦めたのとでは全然ちゃうで。

今、活躍してる女優、スポーツ選手、起業家、映画監督、作家など、
そういう人らは自分の夢を否定する声に耳を貸さず、
「そんなことない!」、「自分はできる!」て自分を信じてきた人たちやで。

夢があるんやったら一度くらい死ぬ気でやってみい。
人間の能力には人それぞれ個人差があるもんやけど、
ぶっちゃけ、人間の能力なんてそれほど大差ないもんやで。
別にでっかい屈強なモンスターと勝負するわけやないねん。
みんな同じような手足を持って同じような体をしてる同じ人間やもん。
何であれ人間誰でも死ぬ気で努力したら少しは芽が出るもんやで。

ま、それでも人間がどんなに努力したところで、
「ウルトラマンになる」いう夢は不可能やけど、
俳優になって「ウルトラマンの役をする」ことは可能やで(笑)

urutoramannnsksjd.jpg




今回のポイント

【夢に向かってやるだけやればいい】





毎日1回ブログランキングをポチっと押してくれたら嬉しいわ~

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ





このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

タクシーのおっちゃんが言うてた「幸せな仕事」

この前、タクシーに乗ったらその運転手のおっちゃんが言うてたんや。

「嫌な仕事をストレス抱えながら何十年も定年まで勤め上げること、
そういうのはホンマにすごいし立派やと思うんやけど、
給料が少なくてもホンマに自分のやりたいことやって、
ストレスも減って毎日楽しく働くのが幸せいうものかもしれまへんわ」

そのおっちゃんは有名大学を出て有名企業に入ったらしいんやけど、
人間関係に悩んだり、極度のストレスで体にブツブツができたりして、
「もうアカン!こんなとこにいたら自分がおかしなってまう!」
そう思って、給料はそこそこよかったらしいんやけどその会社を辞めたんやて。
そんで今のタクシーの運転手に転職したらしいんや。

世間一般ではそういうのを「負け組」言うのかもしれへん。
せっかくええ会社に入ったのに勿体ないとか、
有名大学出てるんやったら他にもっとええ仕事あるでとか、
そんなことを思う人が多いのかもしれへん。
せやけど、そのタクシーのおっちゃんは言うてた。

「世間的には自分はどう思われてるのかは知りませんけども、
自分は昔から車を運転することが好きでしたし、
こうやってお客さんと気楽に喋りながら仕事するのも楽しいですし、
もしかして、これが自分にとっての天職なのかもしれませんわ(笑)」

幸せいうのは人それぞれ違うもんやから、
何が幸せか、どういう生き方が幸せかは人それぞれであって、
人それぞれに幸せの答えが違うもんやから、
そのタクシーのおっちゃんが今幸せならそんでええねん。
そのおっちゃんの生き方に他人が口出すことちゃうねん。

ただ、この前、酔っ払い客を乗せたらしくて、
その時ベロベロになった客にさんざん文句言われたり、
髪の毛を掴まれたり、金払わずに降りようとしたりされて、
その時は「こんな仕事もう辞めたる!」思ったらしいけどな(笑)
それでも、きっとそのおっちゃんには今のタクシーが天職なんや思うで。

takusiddddd.jpg




今回のポイント

【自分の幸せは自分が決めればいい】





毎日1回ブログランキングをポチっと押してくれたら嬉しいわ~

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ





このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

この世に生きるいうこと、死ぬいうこと

自分の大切な人が死んだら誰だって悲しむわな。
それはもう悲しみのどん底に落ちてわんわん泣いたりもするで。

せやけど、ホンマは死っちゅうのは別に悲しいものでも、
恐ろしくてブルブル震えるものでもないねん。
簡単に言えば、「死ぬ」いうことは「元々の場所に戻る」いうことやねん。

もっと分かりやすく説明するとしたら、
家から旅行に出かけてそこでいろんな経験をして、
そんで、「あー、楽しかったわ~」言うて、
また家に戻ってくるいう感じやねん。
要するに「人生 = 旅行」、「死 = 家に戻る」いうことや。

つまり、ホンマは私らみんなこの世に旅行に来てんねん。
せやから、みんなこの旅行を素直に楽しんだらええねん。

ま、この旅行は楽しいことばかりやないで。
腹が立ったり、泣き叫んだりいろんなハプニングもあるで。
それに、自分と他人とでは旅行のプランが全然違うこともあるで。
それを不公平やと文句を言いたくなることもあるかもしれへん。
それでも、自分は今の旅行プランに申し込んだんやからしゃーない。
他人のことはどうであれ、自分は自分の旅行を楽しんだらええねん。

そんで、いつかはみんなこの旅行が終わる時が来んねん。
「旅行が終わったらどうするか?」言うたら、
そんなもん、当然家に帰るに決まってるやん。

せやから、「死にたくない!」て言うてる人は、
もう旅行が終わるいうのに「まだ家に帰りたない!」言うて、
手足をバタバタさせて駄々をこねてる子供と同じやねん。
そういう人はとりあえず今回は一回家に戻って、
また違う旅行プランに申し込むしかないねん。
それを「生まれ変わる」とか、「来世」とか言うねん。

ただ、この旅行で注意せなあかんこともあるで!
それはこの旅行中にアカンことをしたりすると、
旅行が終わってもちゃんと家に帰れへんこともあるで。
悪さしたら帰りの飛行機のチケットがもらえへんかったりもするで。
そしたらもう自分の足で長い時間かけて歩いて帰ることになるし、
帰り道が分からずにずっとこの世を彷徨うこともあるで。
それを浮遊霊て言うんやで。

あと、もうとっくに旅行は終わってるいうのに、
旅行先に強い思い入れがあって「まだ帰りたない!」てしがみついて、
そんなこと言うて迷惑がられてるのを地縛霊て言うんやで。

そんなわけで、今この世に生きてる人はみんな旅行に来てるいうことや。
あんたは旅行に行く時は何のために行くん?
そんなもん、「楽しむため」に旅行に行くんやろ?
それやったら今のこの旅行(人生)も全力で楽しんで、
たくさんええ思い出を作って家に帰ろうや!

xmewxhfxmweed.jpg




今回のポイント

【「人生 = 旅行」、「死 = 家に戻る」】





毎日1回ブログランキングをポチっと押してくれたら嬉しいわ~

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ





このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

スポンサーリンク

プロフィール

スピババ

Author:スピババ
スピリチュアルババアへようこそ。スピリチュアルメッセンジャーのスピババと申します。このブログでスピリチュアル世界のこと、人生の考え方、生き方など、いろいろ教えたろ思っとります。ゆっくり見てってや。

ツイッター (アカウント停止中)

スピリチュアル相談

人気ブログランキング参加中!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
89位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
25位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

QRコード

QR

カウンター

全記事表示リンク

最新記事


スポンサーリンク