自分の要求をゴリ押ししてくる人にはハッキリ言うたれや!

こっちが相手の要求を断っているのにも関わらず、
それでもなんとか自分の要求を通そうとしてくる人もおるやん?

都合が悪いとか、他に約束があるとか、体の調子が悪いとか、
こっちにはちゃんと正当な理由があるにも関わらず、
「そこをなんとか頼むわ~!」てしつこく言うてくる人もおるんやけど、
そういう人間に対して優柔不断で弱気な態度を見せたりすると、
「こいつ、粘って押せばなんとかなるで」て相手に思われるだけやで。
せやから、そういうしつこい相手に対してはハッキリ「NO!」言うことや。

ただ、そういう相手にハッキリ断るとたまに逆ギレしてきたり、
「付き合いが悪い」とか、「空気が読めへん」とか、
「冷たい」とか、「そんな人だとは思わへんかった」とか、
いろいろグダグダ言われるかもしれへんけどそんな奴は放っておけや。

こっちは相手のことが嫌いで意地悪して断ってるんやなくて、
ホンマにどうしても都合が悪いから断ってんのに、
そんなことでダメになる人間関係ならそんなん最初からいらんやん。
そんな人間に好かれへんでもええし仲良くせんでもええやん。

そもそも、相手の要求を断ったからいうて何で文句言われなあかんねん。
「相手の要求を断る → 残念やわぁ~。他の人に頼んでみるわ~」
こういうのが普通やねん。
「相手の要求を断る → なんでやねん!ケチやな!」
こういうのがおかしくて異常やねん。
自分の要求が通らへんかったら文句言うとかどんだけ自己中やねん。

もし、そういう相手に負けて相手の要求をしぶしぶ引き受けてしまえば、
ホンマは断りたかったもんやから心がモヤモヤした状態になるし、
「なんでこんなこと引き受けてしもうたんやろ・・・?」とか思って、
そんな自分自身に腹も立つし、余計なストレスも溜ってまうで。

「今から遊びに行こうや~!」とか、
「仕事終わったら飲みに行こうや~!」とか、
「明日ちょっと仕事代わってくれへん?」とかの要求ならまだええけど、
「ちょっと金貸してくれへん?」とかの要求は要注意やで!
そういう金銭のやり取りの要求はできるかぎり断ることや!
ハッキリと「NO!」っちゅう言葉を相手にバーン!と突き付けることや!
世の中に金の問題ほどやっかいな問題もないから気を付けなあかんで。

相手の要求を喜んで受けれるなら受ければええけど、
どうしても無理いうならハッキリと相手に意思表示をすることや。
その気もないのに曖昧な態度をとって相手に期待を持たせたらあかん。
「無理やで!」と相手にハッキリ自分の意思を示すことや。
結果的にそれは自分のためにも相手のためにもなるんやからな。

cerwcercgtchrtcf.jpg




今回のポイント

【無理ならハッキリ断ること】






毎日1回ブログランキングをポチっと押してくれたら嬉しいわ~

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ





このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーリンク

トラックバック

コメント

ゴリ押しと宗教
お久しぶりです。
我が家は20年以上信仰していますが、
長年同じ信仰をしていて、
人間関係でイラついたり、無理なことを押しつる要求が過度となり、信仰はやめていないものの、会合に参加するのをやめました。
思いやりを持って、、、をモットーにしてる信仰なのに路線が外れ、ネットでは沢山の批判が書かれてます。
大した親しくない信者が訪ねてきた時は、帰ってくれ!と語気を強めました。
違和感のある人からは離れるのが一番!
  • 2016-08-27│21:32 |
  • きびきび URL│
  • [edit]
そもそも、信仰っちゅうのは自発的にするもので、誰かに強制されたり、押し付けられるものちゃうねんから、会合に参加したくないなら行かなくてもええねん。あんたが「違和感がある」思うなら、それが答えやねん。
  • 2016-08-28│13:38 |
  • スピババ URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret


スポンサーリンク

プロフィール

スピババ

Author:スピババ
スピリチュアルババアへようこそ。スピリチュアルメッセンジャーのスピババと申します。このブログでスピリチュアル世界のこと、人生の考え方、生き方など、いろいろ教えたろ思っとります。ゆっくり見てってや。

ツイッター (アカウント停止中)

スピリチュアル相談

人気ブログランキング参加中!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
76位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
21位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

QRコード

QR

カウンター

全記事表示リンク

最新記事


スポンサーリンク