死ねばみんな骨になんねん

どんな成功者も、
どんな落伍者も、
死ねばみんな骨になんねん。

どんな大金持ちも、
どんなホームレスも、
死ねばみんな骨になんねん。

どんな人格者も、
どんな犯罪者も、
死ねばみんな骨になんねん。

どんな美人も、
どんなブサイクも、
死ねばみんな骨になんねん。

結局、みんな最後は同じ姿になるんや。
あんたも私も死ねばみんな骨になるんやで。
そんで、みんなそこから逃れる術はないねん。

そう考えてみると、
結局はみんな同じ場所に向かってるいうことになるわな?
どんなに特別なルートで人生を進んだとしても、
結局はみんな同じゴールに辿り着くいうことになるわな?

ここで言いたいことは、
「結局、みんな骨になるんやから人生なんかどうでもええやん」とか、
別にそういうことを言いたいわけちゃうねん。

むしろ、結局、みんな最後は死んで骨になるからこそ、
「生きてる今を全力で味わって楽しもうやないかーい!」いう話や。

それに、結局、どうせ死んでみんな骨になるんやから、
それなら失敗も恥も後悔もそんなもん恐れんでもええ思わへん?
逆に、人生なんかもう怖いもんなしや思わへん?
だって、どうせみんないつかは死んで骨になるんやから(笑)

せやから、人生を難しく考えることはやめて、
もっと自分がやりたいこと、自分が笑顔になれること、
そういうことを思い切ってバーン!とやったらどうやねんっちゅう話や。

ただ、みんな最後は死んで骨になるのは同じやけど、
それは肉体の話であってそこから解放された「自分」は、
今までこの世でどう生きてきたかが重要になるもんやから、
やっぱり人生で悪いことはしない方がええけどな(笑)

uunununnzbsxbsxbsbs.jpg




今回のポイント

【人生は何も恐れることはない】





毎日1回ブログランキングをポチっと押してくれたら嬉しいわ~

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ





このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーリンク

トラックバック

コメント

近いうち死を迎える友人がいます。
死ぬということは誰しも迎えないといけないのですが、死後に今までの行いの裁きが待っていると聞きました。若くして亡くなる友人もそうです。まっとうな人生を歩まなければいけないなあ。と痛切に思います。
死後の世界も現生のように同じようなルールがあるんでしょうか。とても気になります。
  • 2018-02-21│19:30 |
  • Marie URL│
  • [edit]
仏教では人は死んだら六道のいずれかの世界に送られて、
死後はそれぞれがそこの世界で暮らすことになる言われてんねん。

天道 :悩みや苦しみがほとんどない天人が住む世界
人間道:苦しみもあるが楽しみもある人間が住む世界 
修羅道:喜びはなくいつも怒りと憎しみで溢れてる世界
畜生道:本能のままに生きているだけの動物や虫の世界
餓鬼道:飢えと渇きに苦しみ続ける餓鬼が住む世界
地獄道:鬼が罪人を支配する最も過酷な苦しみの世界

自分が死んだらどの世界に送られるのかは今をどう生きるかで決まるわな。
  • 2018-02-22│16:01 |
  • スピババ URL│
  • [edit]
ありがとうございます。
やはりそうなんですね。日頃の行いは死後の世界に繋がっていくんですね。1番上の天道にいきたいです。
あ、、無理か、、。いまからでもがんばります。すぴばばさん。1番上の世界でお会いしたいです!がんばります。
ありがとうございます。
  • 2018-02-22│16:30 |
  • Marie URL│
  • [edit]
いつか1番上の天道の世界で会いまっしょい!その時は一緒に酒でも楽しく飲みまっしょい!そのためにも今のこの現世を過去はどうであれ今これからできることを精一杯に健全に胸を張って生きていきまっしょい!
  • 2018-02-22│19:03 |
  • スピババ URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret


スポンサーリンク

プロフィール

スピババ

Author:スピババ
私があの有名なスピリチュアルメッセンジャーのスピババやで。(どこで有名やねん!)このブログでスピリチュアル世界のこと、人生の考え方、生き方など、毎日を明るく楽しく生きていく方法をいろいろ教えたるわ。人生なんてもんは生きてたら誰でもいろいろあるけどあんまり難しく考え込まず気楽にいきまっしょい!

ツイッター (アカウント停止中)

人気ブログランキング参加中!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
140位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
39位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

QRコード

QR

カウンター

全記事表示リンク

最新記事


スポンサーリンク