スピババさんのつぶやき その25

今、あんたがどんだけの怒りを抱えてるとしてもやな、
1年後には今のその怒りはとっくに消えてる思うで。
1年後には「そんなことあったっけ?」とか言うてる思うで。
1年後も今の怒りを絶対に忘れへん思うなら別やけど、
そうでないんやったら今の怒りは大したことちゃうねんて。
大したことちゃうなら「ブッ!」と屁こいて他のことに意識を向けろや。



自分ではどうにもできへんことに腹を立ててもしゃあないで。
「何で今日雨降ってんねん!洗濯できへんやろボケ!」
「何で今日こんなに花粉が飛んでんねん!鼻水止まらへんわアホ!」
そう思う気持ちは分かるけどそれにグチグチ言うてもしゃあないやん。
自分の力ではどうにもならへんことはしゃあない思って、
そのことを素直に受け入れるしかないやんけ。



スピリチュアル世界にはいろんな人がおるわ。
私の周りでも胡散臭い人が何人かおるわ。
霊能者でも、占い師でも、宗教団体でもそうやけど、
人を不安にさせることを言う奴には気をつけろや!
「それをこうしないと悪いことが起きるで~」とか、
「私を信じなかったらどうなっても知らへんで~」とか、
人を不安にさせることで言うことを聞かせようとする奴は怪しいで。
怪しいいうか、もうその時点でアウトやで。



占いは自分にとってええことなら信じればええし、
悪いことなら「ふざけんなボケ!」言うて吐き捨てればええねん。
占いなんてのは当たるも八卦当たらぬも八卦やで。
当たることもあれば外れることもあるならええことだけ信じればええねん。



法律で「国民は1日1回誰かに必ず優しくしなければならない」て決めて、
それを守らへんかった人は罰金払ったり、警察に逮捕されるとかどうや?
もし、そういう法律を作ったらこの世界は優しさで溢れるんちゃうかな?
でも、優しさいうのは誰かに強制させられて無理にやるもんちゃうからな。
しょうがなく嫌々する優しさなんて心がこもってへんから意味無いわな(笑)



「神って何ぞや?」、「この世って何ぞや?」、「真理って何ぞや?」
そういうことを探求することも大事や思うけども、
ぶっちゃけ、ホンマはそんなことよりも、
「今の自分の人生を全力で生きることに集中する」
これ以上に大事なことはないんやで。



早稲田とか、慶応とかの有名大学を卒業した人でも、
キャバ嬢になったり、ニートになったり、旅人になったり、
そういう道を選択する人もたまにおるわ。
一般的に見れば「もったいない」思うかもしれへん。
「普通に就職すればそれなりの会社に入れるちゃうん?」とか、
そう思って「もったいない」思うかもしれへん。
せやけど、それは本人が決めることであって、
本人が自分で納得して決めたんならそれが正解やねん。
何の関係もない他人が勝手に人の人生に正解、不正解をつけたらアカン。



「生きてる」のが普通で「死ぬ」のか特別やなくて、
ホンマは「死」こそが普通で「生きてる」のが特別なのかもしれへん。
「生きてる」いうのは天から与えられたほんの一瞬の夢なのかもしれへんな。



貧乏やから不幸なわけちゃうで。
「自分は貧乏やから不幸なんや」
そういう自分の考えが自分を不幸にしてんねん。
ブサイクやから不幸なわけちゃうで。
「自分はブサイクやから不幸なんや」
そういう自分の考えが自分を不幸にしてんねん。
それに気づいたら人生変わるで。



どんだけスピリチュアルの知識を持ってるとしても、
その知識を使って行動せえへんかったら何の意味もないねん。
車の免許を持ってても車を運転しないなら何の意味もないのと同じや。
ま、車の免許は身分証明になるから持ってるだけでも少しは価値あるけどな(笑)



このブログランキングをポチッ!と押したらええことあるで~(笑)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ





このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーリンク

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


スポンサーリンク

プロフィール

スピババ

Author:スピババ
私があの有名なスピリチュアルメッセンジャーのスピババやで。(どこで有名やねん!)このブログでスピリチュアル世界のこと、人生の考え方、生き方など、毎日を明るく楽しく生きていく方法をいろいろ教えたるわ。人生なんてもんは生きてたら誰でもいろいろあるけどあんまり難しく考え込まず気楽にいきまっしょい!

ツイッター (アカウント停止中)

人気ブログランキング参加中!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
140位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
39位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

QRコード

QR

カウンター

全記事表示リンク

最新記事


スポンサーリンク