日々を悔いなく生きろや

昔、悟りを開いた有名な和尚さんがおってな。

85歳を過ぎて寝たきりになっていよいよ命を終えようとしてたんや。

そんで、弟子たちは泣きながら最後に何か言葉を貰おうとして、

みんな和尚さんの言葉に静かに耳を傾けていたんや。


弟子 「和尚!最後に何かお言葉をいただけないでしょうか?」

和尚 「死にたない・・・」

弟子 「は・・・?今何とおっしゃいました・・・?」

和尚 「せやから、死にたない・・・」

弟子 「なんでやねん!名言とか格言とか言わへんのかーい!」


弟子たちは和尚さんが最後に何か特別な言葉を言うてくれると思ったんやけど、

和尚さんの最後の言葉が「死にたない」っちゅう言葉やったもんやから、

弟子たちはみんな拍子抜けしたっちゅう話や。


この話は何が言いたいかっちゅうとな、

小さい頃から厳しい修行を積んで悟りを開いた立派な人間でさえも、

死を目の前にした時には未練を残してまうこともあるっちゅう話や。

「人生でやるべきことは全てやったで!もう死んでも何も後悔ないで!」

そんなふうにスッキリした顔で命を終えることができた人っちゅうのは、

ホンマに幸せな人なんやと思うで。


人は誰もがいつかは必ず死ぬ時が来るんやけど、

それはいつ来るんかは誰にも分からへん。

もしかしたら、今日死ぬかもしれへんし、明日死んでまうかもしれへん。

そう考えたら、「今日という日を全力で精一に生きる」っちゅうこと、

そういうことがめっちゃ大切なんやと思わへん?


ちなみに、北斗の拳のラオウは死ぬ時にな、

「わが生涯に一片の悔いなし!」って言うてたで。

まぁ、そんな話どうでもええか(笑)




今回のポイント

【今日という日を全力で精一に生きること】




毎日1回ブログランキングをポチっと押してくれたら嬉しいわ~

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ





このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーリンク

トラックバック

コメント

今日、うちの猫が車にはねられて死にました。
孤独な中年男の私は、毎晩のようにその猫と一緒に寝ていました。
存在は無になるのでしょうか。猫は無になったのでしょうか。
私の心に、ぽっかりと穴があき、風が吹き抜けています。
とてもさびしいです。猫に会いたいです。
  • 2015-04-12│23:37 |
  • Akira URL│
  • [edit]
肉体は滅んでも魂は残るから無にはならへんし、あんたが猫のことを忘れへんかぎり心の中にいつまでも猫が存在してるんやで。
そんでな、今は悲しいかもしれへんけど少し落ち着いたら「今まで楽しかったで。幸せやったで。癒されたで。今までホンマにありがとう。感謝してるで」って、その猫に対して言うてやることや。そしたら、猫も安心して成仏できるで。
  • 2015-04-13│13:07 |
  • スピババ URL│
  • [edit]
ありがとうございました。
  • 2015-04-13│14:11 |
  • Akira URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret


スポンサーリンク

プロフィール

スピババ

Author:スピババ
スピリチュアルババアへようこそ。スピリチュアルメッセンジャーのスピババと申します。このブログでスピリチュアル世界のこと、人生の考え方、生き方など、いろいろ教えたろ思っとります。ゆっくり見てってや。

ツイッター (アカウント停止中)

スピリチュアル相談

人気ブログランキング参加中!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
108位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
30位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

QRコード

QR

カウンター

全記事表示リンク

最新記事


スポンサーリンク