自分ではどうすることもできへんことがあるけども

ぶっちゃけ、人生っちゅうのは、
自分がどんなに頑張ったところでできることはできるし、
できへんことはできへんねん。

自分がどんなに何かを心配したところで起きる時は起きるし、
起きへん時は起きへんねん。

自分がどんなに健康に気をつけたところで長生きする人はするし、
早く死んでまう人は死んでまうねん。

ま、それでも人間いう生き物は「それが嫌」やねん。
せやから、ああでもない、こうでもない言いながらジタバタすんねん。
(ジタバタするなよ♪ 世紀末が来るぜ~♪ by シブがき隊)

誤解のないように言うとくけど、
自分が何かを頑張ったり、不安を解消するための行動をしたり、
長生きするために健康に気をつけることは決して無駄ではないで。

その結果がどうであったとしても、
自分が「こうしたいんや」、「こうなったらええ」思って、
いろいろ考えたり、努力したりすることは無駄ではないねん。

せやけど、この世には自分の力ではどうすることもできへんことがあるんや。
そのことはちゃんと覚えておく必要がある思うで。
せやから、やるだけやったんなら後は全部神様にお任せや。
どんな結果になったとしても自分がやるべきことはやったんやから、
その結果がアカンかったとしても全て「しゃーない」思うしかないねん。
自分の力でできることは全部やったらええんやけど、
自分の力ではどうすることもできへんことは「しゃーない」思うしかない。

人生っちゅうのは上手くいくこともあるし、いかへんこともある。
嬉しい楽しい思う時もあるし、悲しい苦しい思う時もある。
せやけど、その全部をひっくるめて「人生」と呼ぶねん。
ま、人生いろいろあるけど気楽にのんびり歩いていきまっしょい~。

ifcnhifmhixifmxhx.jpg




今回のポイント

【どうすることもできないことを受け入れる】





毎日1回ブログランキングをポチっと押してくれたら嬉しいわ~

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ





このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

スピババさんのつぶやき その21

安い物には安いなりの理由があんねん。
高い物には高いなりの理由があんねん。
消耗品とかは安い物を買えばええ思うんやけど、
自分が毎日大切に使う物、
例えば、仕事用のスーツ、通勤用のバッグ、パソコン、車など、
そういう物は少しくらい高くても良い物を買った方がええ思うで。



人間っちゅうのは何か叶えたいことがあったら祈るねん。
神社に行って賽銭投げて手を合わせて一生懸命に願うねん。
せやけど、その後はちゃんと「そのための行動」をせえよ。
神様にお願いして「はい終わり」やなくて、
それを叶えるために死ぬ気で自分が行動して頑張らなあかんで。
風呂に水を入れても火を点けへんかったらいつまでも水風呂やで。
神様に願った後は自分の尻に火を点けて頑張らあかんで。
そうせな、何も手にすることはできへんのやで。



人間っちゅうのは実際に生きてる今より、
過ぎ去った過去やまだ見えへん未来のことばっか考えてんねん。
ま、別にそれが悪いっちゅうことでもないんやけど、
過去や未来よりも自分が生きてる「今」をもっと大事にせえ。
それは別に「今さえよければそれでええ」いう意味やなくて、
ぶっちゃけ、人生っちゅうのは今のことであり、
いつでも今にしか生きられへんのやから今を大事にせえいう意味や。
過去や未来もええけど、もっと今を感じて今を楽しんだらええねん。



セミの幼虫はいつまでも幼虫のままではいられへん。
セミの幼虫は時期がきたら地中から出てセミにならなあかんねん。
人間も同じや。いつまでも子供のままでおったらあかん。
時期がきたら子供から大人になって社会に出なあかんねん。
「いつまでも子供のままでいたいんや!」言うのは甘えや。
自分の体をよう見てみいや。
あんたの体はもうすっかり大人になってるんちゃう?
そんなら、腹くくって覚悟決めて翼を広げて外に飛び出せや。



自分が心のシャッターを下ろしてるくせに、
「誰も自分に話しかけてくれへん」とか、
「自分を好きになってくれる人がおらん」とか、
そんなこと言うてるアホほど滑稽なものはないねん(笑)



いくら1人でおるのが寂しいからいうても、
その寂しさを紛らわすために一緒にいても楽しくない人たちや、
魂のレベルが低いアホな人たちに囲まれてるくらないなら、
あえて、1人でおった方が100倍マシやで。



オリンピックとかで国を代表して出場する選手らは、
ぶっちゃけ、別に国のために頑張らなくてもええねん。
ホンマは自分自身のために頑張ればそれでええねん。
「この国のために!」と思って毎日厳しい練習せんでもええ。
「自分のために!」と思って毎日厳しい練習すればええねん。
なぜなら、自分のために一生懸命頑張ることが、
結果的に自分の国のためにもなるんやから。



金持ちが豪邸で生きる毎日も、
ホームレスがダンボールハウスで生きる毎日も、
ホンマはどっちが上でどっちが下とか、
どっちが幸せでどっちが不幸かいうことは決まってへんねん。
それを決めてるのは「自分自身」であって、
いつでも自分がその答えを決めることができるし、
いつでもその答えが「自分にとっては」正解やねん。
ま、そんなこと言うても私は金持ちで豪邸で生きる毎日がええけどな(笑)



テレビや雑誌を見てて、
「この人みたいな顔になりたいわ~」とか、
「この人みたいな生き方したいわ~」とか、
そんなこと思って羨ましがる気持ちもよう分かるんやけど、
ぶっちゃけ、その人にはその人の人生があるわけで、
自分はその人の人生を生きることはできへん。
自分は自分の人生を生きていくしかないねん。
それを不公平やとかグチグチ言うことはやめて、
自分は自分にできることを一生懸命やって生きたらええねん。



私はこのブログでいつも偉そうに好き放題言うてるわけやけど、
別に私の言うてることが絶対的に正しいわけちゃうで。
私は私が正しい思うことを言うてるだけであって、
あんたにはあんたが正しい思うこともある思うねん。
せやから、このブログは何かを押し付けてるわけやなくて、
「こういう考え方もあるで」とか、「こういう生き方もあるで」とか、
そういうことを言うてるだけやねん。



毎日1回ブログランキングをポチっと押してくれたら嬉しいわ~

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ





このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

欲望に執着すればするほど苦しくなるもんやで

人間っちゅうのは贅沢な生き物でな、
着る服がないとか言いながらも、
タンスにはたくさん服が入ってたり、
食べる物がないとか言いながらも、
冷蔵庫を開ければ何かしら食べ物が入ってたりすんねん。

要するに、ホンマに何もないわけやなくて、
自分が着たい服や自分が食べたい物がない言うてるだけで、
「もっとええ服が欲しい」、「もっとええ物が食いたい」言うてるわけや。

犬や猫とか他の動物からしたら、
ホンマは「ある」のに「ない」言うてるとか、
「人間て何てアホな生き物なんやろ?」思われるで(笑)

ま、人間の欲望には終わりがないからな。
それに、その欲望があるからこそ人は頑張ったりもするわけやから、
欲望を持つことが別に悪いわけではないねん。

せやけど、「足るを知る」いうことを分かってへんかったら、
何かを手に入れてもその時だけは嬉しくて最高な気分になれても、
そのうちまた欲望の泡がブクブク沸いてきて、
「もっと欲しい!」、「他のが欲しい!」ていつまでも満足できへん。

例えば、パチンコで10連チャンして「めっちゃ最高や!」思っても、
今度は「もっと増やしたろ!」、「今度は15連チャンしたるで!」
そんな感じで欲望はいつまでも終わることはないねん。
満足してさっさと帰ればええのに、
欲望の悪魔に憑りつかれたアホはズルズルやってまうねん。
そんで、結局は全部飲まれてもうて泣くことになんねん(笑)

お釈迦様はこの人間の欲望についてこう言うてるで。
「たとえ金貨の雨が降ろうとも、人間の欲望が満足することはないねん」

ホンマに金貨の雨が降ってきたらみんな大喜びで最高な気分になるけども、
人間は次第にその喜びも薄れて「もっと!もっと!」言うようになる話や。

人間の欲望は天井知らずやからこそ、
小さいことでも喜んで満足して感謝しながら生きていくことが大事やねん。
欲望があってもええけど必要以上に執着したら自分が苦しくなるだけやで。

zndnxifudmxfuimecgess.jpg



今回のポイント

【小さいことでも喜び満足し感謝すること】




毎日1回ブログランキングをポチっと押してくれたら嬉しいわ~

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ





このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

あんたが子供の時になりたかったものは何なん?

小さな子供らに将来大きくなったら何になりたいか聞くと、
「プロ野球選手になりたいんや!」とか、
「ミュージシャンになってオリコンで1位を取んねん!」とか、
「でっかい会社の経営者になるんや!」とか、
「ウルトラマンになりたいねん!」とか、
そういう夢を恥ずかしがることもなく目をキラキラさせて言いよるわ。

せやけど、そんな子供らも何年か経って大人に近づいてくると、
昔のそんな夢もすっかりキレイさっぱり消え去ってもうて、
「どこでもええから正社員になるのが目標ですわ」とか、
「安定した公務員を目指してまんねん」とか、
「金持ちの男捕まえて結婚するんや~」とか、
子供の時の自分の夢とは全然違うこと言うようになんねん。

それは自分が大人になるにつれて現実を知ったからいうよりも、
自分の中に子供の時の夢を否定するもう1人の自分が出てくるようになって、
「いつまでそんな夢を見てるん?恥ずかしない?」とか、
「お前には無理や。はよ目を覚ませアホ」とか、
自分の中に聞こえてくるそういう声に「そうやな」て納得してまうからや。

ま、それは別に悪いことではないねん。
夢ばかり見てるんやなくて自分の実力いうものを冷静に判断して、
自分の夢を諦めて違う道を選ぶいうことも大事なことやで。

せやけど、個人的に思うことは、
「やるだけやったらええやん」いうことや。
たとえ、結果的にあかんかったとしても、
全力で努力してやるだけやってダメやったのと、
何にもせえへんで簡単に諦めたのとでは全然ちゃうで。

今、活躍してる女優、スポーツ選手、起業家、映画監督、作家など、
そういう人らは自分の夢を否定する声に耳を貸さず、
「そんなことない!」、「自分はできる!」て自分を信じてきた人たちやで。

夢があるんやったら一度くらい死ぬ気でやってみい。
人間の能力には人それぞれ個人差があるもんやけど、
ぶっちゃけ、人間の能力なんてそれほど大差ないもんやで。
別にでっかい屈強なモンスターと勝負するわけやないねん。
みんな同じような手足を持って同じような体をしてる同じ人間やもん。
何であれ人間誰でも死ぬ気で努力したら少しは芽が出るもんやで。

ま、それでも人間がどんなに努力したところで、
「ウルトラマンになる」いう夢は不可能やけど、
俳優になって「ウルトラマンの役をする」ことは可能やで(笑)

urutoramannnsksjd.jpg




今回のポイント

【夢に向かってやるだけやればいい】





毎日1回ブログランキングをポチっと押してくれたら嬉しいわ~

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ





このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

タクシーのおっちゃんが言うてた「幸せな仕事」

この前、タクシーに乗ったらその運転手のおっちゃんが言うてたんや。

「嫌な仕事をストレス抱えながら何十年も定年まで勤め上げること、
そういうのはホンマにすごいし立派やと思うんやけど、
給料が少なくてもホンマに自分のやりたいことやって、
ストレスも減って毎日楽しく働くのが幸せいうものかもしれまへんわ」

そのおっちゃんは有名大学を出て有名企業に入ったらしいんやけど、
人間関係に悩んだり、極度のストレスで体にブツブツができたりして、
「もうアカン!こんなとこにいたら自分がおかしなってまう!」
そう思って、給料はそこそこよかったらしいんやけどその会社を辞めたんやて。
そんで今のタクシーの運転手に転職したらしいんや。

世間一般ではそういうのを「負け組」言うのかもしれへん。
せっかくええ会社に入ったのに勿体ないとか、
有名大学出てるんやったら他にもっとええ仕事あるでとか、
そんなことを思う人が多いのかもしれへん。
せやけど、そのタクシーのおっちゃんは言うてた。

「世間的には自分はどう思われてるのかは知りませんけども、
自分は昔から車を運転することが好きでしたし、
こうやってお客さんと気楽に喋りながら仕事するのも楽しいですし、
もしかして、これが自分にとっての天職なのかもしれませんわ(笑)」

幸せいうのは人それぞれ違うもんやから、
何が幸せか、どういう生き方が幸せかは人それぞれであって、
人それぞれに幸せの答えが違うもんやから、
そのタクシーのおっちゃんが今幸せならそんでええねん。
そのおっちゃんの生き方に他人が口出すことちゃうねん。

ただ、この前、酔っ払い客を乗せたらしくて、
その時ベロベロになった客にさんざん文句言われたり、
髪の毛を掴まれたり、金払わずに降りようとしたりされて、
その時は「こんな仕事もう辞めたる!」思ったらしいけどな(笑)
それでも、きっとそのおっちゃんには今のタクシーが天職なんや思うで。

takusiddddd.jpg




今回のポイント

【自分の幸せは自分が決めればいい】





毎日1回ブログランキングをポチっと押してくれたら嬉しいわ~

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ





このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

スポンサーリンク

プロフィール

スピババ

Author:スピババ
スピリチュアルババアへようこそ。スピリチュアルメッセンジャーのスピババと申します。このブログでスピリチュアル世界のこと、人生の考え方、生き方など、いろいろ教えたろ思っとります。ゆっくり見てってや。

ツイッター (アカウント停止中)

スピリチュアル相談

人気ブログランキング参加中!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
148位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
36位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

QRコード

QR

カウンター

全記事表示リンク

最新記事


スポンサーリンク