ルビンの盃

ddfffctgrthrcrgcexreerfxferf.png

上の画像は「ルビンの盃」と呼ばれているトリックアートで、
1915年頃にデンマークの心理学者エドガー・ルビンが考案した
1つの図形でありながら2種以上の見え方ができる多義図形や。

白い部分を背景やと認識すれば、
そこには盃の絵が浮かんでくるんやけど、
黒い部分を背景やと認識すれば、
そこには2人の横顔が浮かんでくんねん。

要するに、同じ1つの絵でも見る人の認識が違ったら、
それは全く違う絵に見えてまういうことや。

そんで、それはこの世界も同じやねん。
同じ1つのこの世界に生きていながらも、
人によってこの世界の見え方が違うねん。

同じ夜景を見ていても、
ある人は「綺麗やな~」思てても、
ある人は「目がチカチカするだけやん」思たりすんねん。

同じ仏像を見ていても、
ある人は「歴史を感じるわ~感動やわ~」思てても、
ある人は「小汚いただの人形やんけ」思たりすんねん。

同じこのブログを見ていても、
ある人は「スピババさんええこと言うわ~」思てても、
ある人は「別にそんなええこと言うてないやん」思たりすんねん。

別にどっちが正しくて、どっちが間違いいうことではなく、
自分が認識したことが自分にとっての真実やねん。

せやから、「生きることは楽しいで!」思うのも、
「生きることは辛く悲しいことばかりや・・・」思うのも、
全てはその人が人生をどう見てるかの違いだけであって、
どっちも正しいっちゅうことや。

全てのことには「ええ」も「悪い」も最初から決まってるわけやなくて、
その出来事に自分がどう認識したか?どんな意味をつけたか?
それによって見えてくる世界が変わってくるんやで。

というわけで、
もし、今あんたに見えているこの世界の景色が灰色なんやとしたら、
あんたの「認識」と「意味づけ」を変えることで別の世界が見えてくるで。
どうせやったら、楽しい世界を見ながら生きていこうやないかい!

そういえば、「認識」と「意味づけ」は同じ意味かもしれへんな。
それはよう分からへんけど、ま、ええか(笑)

dhimhsdm.jpg




今回のポイント

【世界は1つ、見え方は無数】





毎日1回ブログランキングをポチっと押してくれたら嬉しいわ~

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ





このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

スピババさんのつぶやき その19

神や仏を信仰することで、
神や仏に自分を救ってもらおうとするんやなくて、
神や仏を信仰することで、
そのことで得た知識や気付きを武器にして、
自分の意識、考え方、行動を変えていき、
「自分で自分を救う」ことができるようになるんやで。



「今のこの問題が解決できたら・・・」
「今のこの苦しみを解き放つことができたら・・・」
そしたら、幸せになれるのになぁ~って思うかもしれへんけど、
実際は、そしたらそしたでまた新しい問題や苦しみが出てきて、
また同じように「今のこの問題や苦しみが無くなれば・・・」とか、
そんなことを思うだけやねんで。
人は生きてるかぎり何らかの問題や苦しみは出てくんねん。
「生きる」いうことはそういうもんなんやと腹をくくって、
今のこの人生を気楽に楽しく味わったらええねん。



自分とは違う明らかにアホな意見を言う人に対して、
そのアホな意見を否定するのはええねん。
せやけど、アホなのはその意見なんやから、
アホな意見は否定してもええんやけど、
その本人や人間性までも否定したらあかんねん。
ま、私も普通の人間やからアホなことを言う人に対して、
「なんやハゲ!ブス!デブ!死ね!」とか言うて、
その本人までも否定してしまう時もあるけどな(笑)



人からもらったたこ焼きと、
自分が汗水たらして稼いだ金で買ったたこ焼き、
どっちのたこ焼きの方がうまい思う?
せやな。どっちも同じようにうまいわな!って、アホ!
たとえそれが同じものやとしても、
人は自分が何もせえへんで簡単に手に入れたものよりも、
自分が頑張って苦労して手に入れたものの方に価値を感じんねん。
そんで、それは人生も同じやねん。そういう意味の話や。



自分の命も、他人の命もどっちも同じ命やねん。
日本人の命も、外国人の命もどっちも同じ命やねん。
有名なスターの命も、犯罪者の命もどっちも同じ命やねん。
動物の命も植物の命もどっちも同じ命やねん。
姿形はみんな違っててもホンマはどれも同じ「命」やねん。



「この二人はホンマに似たもの同士で相性バッチリやな~」
そう思ってた二人が半年で離婚したり、
「この二人はケンカばっかりしてるしホンマに大丈夫なんかいな?」
そう思ってた二人が死ぬまで一緒に暮らしたり、
そういうのは人間にしてみれば「何でや?」思うんやけど、
神様からしてみれば「最初から全部分かってたで~」て言うかもな(笑)



自分の部屋の中にある物で捨てれる物はポイポイ捨てていって、
それでもどうしても捨てれずに最後まで残った物が、
「本当に自分にとって大事な物」いうことになるんちゃう?
どうでもええような物ばかりに囲まれてるとそういう物は見えへんで。



スピリチュアルっちゅうのは「すがる」もんやなくて、
「行動する」、「実践する」もんやねん。
スピリチュアルは仏像とはちゃうねん。
スピリチュアルは人生を前向きに安心して進んでいくための道具や。
道具に祈ったり、拝んだりしても何の役にも立たへん。
道具は実際に正しく使ってこそ効果を発揮すんねん。



ボーッとしてる時間がもったいない思う人もおるけど、
正直、人間にとってそういう時間も必要やで。
海を見てボーッとする時間、
景色を見てボーッとする時間、
空を流れる雲を見てボーッとする時間、
公園で無邪気に走り回る子供らを見てボーッとする時間、
そういう時間は決して無駄な時間なわけやなくて、
「自分を見つめ直す大切な時間」でもあるんやで。



あんたがこの世界をクソやと思うのは、
あんたがこの世界をクソやという目で見てるからや。
あんたがこの世界は美しいという目で見てたら、
ホンマにこの世界はあんたに美しい世界を見せてくれるんやで。



毎日1回ブログランキングをポチっと押してくれたら嬉しいわ~

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ





このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

人はなぜみんな死ぬのか?

相談者  : 人はなぜみんな死ぬのでしょうか?
スピババ : 生まれたからや。生まれたから死ぬんや。
相談者  : はぁ・・・そうですか・・・・

あ?答えになってへんて?何でや?
人は生まれたから死ぬんや。
生まれへんかったら死なへん。
「生きること」と「死ぬこと」はセットやで。

例えば、表と裏があるから野球ができるんや。
表だけ、裏だけやったら野球なんかできへんのと同じで、
「死があるからこそ、生きることができる」いうことや。

「人は何でみんな死ぬのか?」いう質問は、
「人は何でみんなウンコするのか?」いう質問と同じや。
食ったからや!食ったからウンコが出るんや!
何も食わへんかったらウンコは出えへん!
ウンコ出すのが嫌やったら何も食わなければええねん!
死ぬのが嫌やったら生まれて来なければええねん!

ま、「ウンコ!ウンコ!」て連呼するのはこれくらいにして、
人間だけやなくてこの世に生まれてきた全ての命は、
生まれてきたからには最後には必ず死ななあかんのや。
いつか来る死を恐れて「怖いわー、不安やわー」言うてるんやなくて、
「自分が死ぬまでどうやって生きるか?」を考えることや。

exbyencyncrcmeruimxceurxer.jpg




今回のポイント

【死があるからこそ、生きることができる】





毎日1回ブログランキングをポチっと押してくれたら嬉しいわ~

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ





このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

自分を誰かと比べて幸せを感じるのはやめへん?

人間っちゅうのは無意識に誰かと比べてまうのかもしれへん。
同じ年齢の芸能人がテレビで大活躍してるのを見たら、
ついつい、その人と自分と比べてしまったり、
同窓会に行ってかつてのクラスメイトに会ったら、
ついつい、同級生と自分を比べてしまったりとかな。

自分を人と比べることで自分は勝ち組か負け組かを確認したり、
自分を人と比べることで自分が優越感に浸ったりとか、
ま、そういう気持ちもよう分かるんやけど、
もう、自分を誰かと比べて幸せを感じるのはやめへん?

誤解のないように言うておくけど、
別に自分と人を比べることが悪いわけやないんやで。
学校のテストとか、スポーツとか、コンクールとか、仕事とか、
誰かと比べることで今の自分に足りへんとこが分かったり、
今の自分よりもっと上に行こうと努力したりすることは大事やけども、
自分を誰かと比べて幸せを感じるのはやめたらええんちゃう?

自分を人と比べることは悪いことではないんやけど、
幸せを感じるために自分を人と比べる必要はないねん。
自分の幸せを人の上に作ろうとする必要はないねん。
自分の幸せに人の評価なんか関係ないねん。

ぶっちゃけ、自分を誰かと比べることには終わりがないねんから、
自分を誰かと比べて幸せを感じようとすることが不幸の始まりにもなるで。
自分はあの人よりも幸せやとか、
自分はあの人に比べて不幸やとか、
そんなことで自分の幸せを計らなくてもええねん。
人は関係無く純粋に自分自身で「幸せやな~」思えるんやったら、
それがどういうものであろうと間違いなくその人は幸せやねん。

xdgbxyufnxrcnewxmexumduf.jpg



今回のポイント

【自分の幸せを誰かの上に作らないこと】




毎日1回ブログランキングをポチっと押してくれたら嬉しいわ~

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ





このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

スピリチュアルバカに気をつけろ!

「すべては1つワンネスである」
「本当は起きたことに良いも悪いもない」
「この世は夢であり幻想である」
「自分はいない」

スピリチュアルに生きてる人なら、
こんなような言葉をよく聞くと思うねん。
そんで、これらの言葉は決して間違いではないねん。
究極的にはそれは真実やと私も思ってんねん。
せやから、それらの言葉を信じることはええねん。

せ・や・け・ど!
せやねんけど、スピリチュアルに生きてる人の中には、
それらの言葉を自分の都合の良いように使ったり、
何かあった時にそれを逃げの道具として使う人もおんねん。

例えば、仕事でトラブル起こして会社に損害を与えたとする。
その時、地に足を付けてへんフワフワしたスピリチュアルバカは、
「ま、全ては幻想なんやから本当は何も起きてへんねん」とか、
そんなアホな考え方をして現実から逃げようとすんねん。

この世は幻想で生きてることが夢だろうが何だろうが、
自分がしたことでみんなが迷惑してるんやったら、
そこはちゃんと頭下げて謝罪すんのが当然やろが!

例えば、交通事故にあって足を切断してしまったとする。
その時、地に足を付けてへんフワフワしたスピリチュアルバカは、
「起きたことに良いも悪いもないし、そもそも、自分なんておらん」
そんなアホな考え方をして現実から逃げようとすんねん。

全ての出来事に良いも悪いもなくホンマは自分はおらへんいうても、
実際に足が無くなってもうてるわけやし、痛みだって感じるわけやし、
自分の今の状況から目を逸らして現実逃避してたらあかんやろが!

本当は自分が生きてるこの今が夢であるとしても、
その夢の中で頭下げなあかん時はちゃんと頭下げるべきや!
その夢の中で逃げたらあかん時は現実逃避せずに今と向き合うべきや!
人生っちゅうその夢が終わるまで前向きに全力で生きることや!
色即是空の「空」の世界だけで生きてたらアカン!
「色」と「空」のバランスを取りながら生きることや!
いくら人生は夢やからいうても風船みたいにフワフワしてたらアカン!
そういう勘違いした「スピリチュアルバカ」になったらアカン!

dhdhdhdxeununuxnufds.jpg




今回のポイント

【スピリチュアルを逃げの道具にしない】





毎日1回ブログランキングをポチっと押してくれたら嬉しいわ~

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ





このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

スポンサーリンク

プロフィール

スピババ

Author:スピババ
スピリチュアルババアへようこそ。スピリチュアルメッセンジャーのスピババと申します。このブログでスピリチュアル世界のこと、人生の考え方、生き方など、いろいろ教えたろ思っとります。ゆっくり見てってや。

ツイッター (アカウント停止中)

スピリチュアル相談

人気ブログランキング参加中!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
118位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
27位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

QRコード

QR

カウンター

全記事表示リンク

最新記事


スポンサーリンク